アイコン エイコーフードサービス(株)(東京)/自己破産へ 新型コロナ関連倒産

缶詰・瓶詰食品卸のエイコーフードサービス(株)(所在地:東京都武蔵村山市学園1)は2月3日、同日までに事業を停止し、破産に向けた事後処理を弁護士に一任した。

負債総額は約2億円。

資本金は200万円。

 
 

同社は平成23年2月設立、業績が低迷する中、新型コロナの影響もあり事業を断念、今回倒産の事態となった。

担当弁護士は、平岩利文弁護士(電話番号:03-6457-4712)が任命されている。

概要

業種

缶詰・瓶詰食品卸

住所

東京都武蔵村山市学園1***

代表

***

設立

平成23年2月

資本金

200万円

負債

約2億円


 

[ 2021年2月 5日 ]
 

 

 


HTML Comment Box is loading comments...



※記事の削除等は問合せにて。

関連記事

 

 

 


PICK UP


PICK UP - 倒産