アイコン 全機 運航停止へ P&W製4000系列エンジン搭載ボーイング777型機

P&W製エンジン搭載のボーイング777型機は米・日・韓の航空会社が使用、全128機運航停止へ。
米ユナイテッド航空が運航するボーイング777型機が20日にエンジンの爆発損傷で緊急着陸したことを受け、ボーイング社は21日、同じエンジンを搭載する同型機の運航を停止するよう航空各社に推奨したことを明らかにした。
ユナイテッドはこれに先立ち21日、同じエンジンを搭載する777型機全24機の運航を停止すると発表していた。

日本の国交省は21日夜、米国で発生したユナイテッド航空ボーイング777型機のエンジン損傷を受け、日本航空と全日本空輸に対し、対策の必要性の有無を検討する間、同系列のエンジンを搭載した航空機の運航停止を指示したと発表した。対象は日航13機、全日空19機。

ユナイテッド機の搭載エンジンはプラット&ホイットニー(P&W)製PW4000系列で、米連邦航空局(FAA)は、この問題を受け、同エンジンを搭載した777型機の検査強化を指示した。

 

20日、コロラド州デンバー発ホノルル行きのユナイテッド航空のボーイング機が離陸直後に右側エンジンが爆発炎上、デンバー国際空港に引き返した。

ボーイング社は、FAAが適切な検査指示を出すまで、P&W製PW4000系列エンジン搭載の稼働中69機・待機中59機の運航停止を推奨するとしている。

運輸事故の調査を担う米運輸安全委員会(NTSB)は、デンバーに着陸したボーイング機の初期調査では、大半の損傷は右側エンジンに限定されており、機体そのものの損傷は程度が小さいことが明らかになったとした。

ユナイテッドは「これらの航空機が当社の厳格な安全基準を満たし、運航を再開できるよう必要な追加措置を判断するため」米規制当局と協議を継続するとした。

FAAによると、米国で同機を運航するのはユナイテッドのみで、米国以外では日本の2社と韓国の大韓航空が運航しているという。

FAAは声明で「昨日の事案を受けて入手可能な安全性のデータを精査した」結果、「ボーイング777型機のみに搭載されているこのエンジンモデルに特有のくぼんだファンの羽根の検査間隔を短くする必要があると結論付けた」とした。

レイセオン・テクノロジーズ傘下のP&W社は、エンジンの検査間隔見直しを支援するため航空会社および規制当局と協力していると述べた。

韓国の国交部の当局者は、FAAによる正式な措置を待って国内航空会社への指示を行う方針を示した。FAAは緊急耐空性改善命令を早期に出すとしている。
大韓航空は、当該機を16機所有しており、うち10機は待機中と発表。関係当局と対応を協議する方針を示した。
以上、ロイター参照
通常、エンジンは2社もしくは3社製から航空会社が選択できるようになっている。
米GE製、英ロールス・ロイス製、それにP&W製だ。

原因はファンの疲労劣化によるもののようだが・・・。
デンバー市の住宅街に落下したエンジン破綻部品、人身事故にならなかったのは奇跡とされている。日本も米国も死傷者が出ない限り、問題を沈静化させる動きにあるようだ。
1度あることは2度あり、3度ある。1度目の日航機より、2度目のユナイテッド機の損傷は激しい。3度目が無いように祈るばかりだ。

 

[ 2021年2月22日 ]

 

 

 


HTML Comment Box is loading comments...



※記事の削除等は問合せにて。

関連記事

 

 

 


PICK UP


PICK UP - 倒産