アイコン 追、全国初のライブスウス倒産・親不孝の「アーリー・ビリーバーズ」 残念

新型コロナウイルスの影響で、福岡市・天神・親不孝通りでライブハウス「アーリー・ビリーバーズ」を経営する(株)アーリー・ビリーバーズ・カンパニー(福岡市中央区天神3-5-19、代表:吉村義克)が2月15日事業停止、事後処理を碇啓太弁護士(電話092-707-1155)に一任して、自己破産申請の準備に入った。

同社は2004年2月設立。同市中央区天神の親不孝通り界隈で、収容人数約220人のライブハウス「アーリー・ビリーバーズ」を経営し、カフェとしても営業していた。スタジオとしても活用されていた。

新型コロナ惨禍で昨年4月から一時休業し、営業再開後もライブやイベントの中止、延期が相次いでいたが、この間、「Early Believers応援Merch」といったライブハウスで使用できるドリンクチケットがセットになったオリジナルTシャツを販売するなどして懸命に立て直しに努めてきていた。

今年に入り2度目の緊急事態宣言により、経営環境好転の目途も立たず、経営の限界に至り今月13日に閉店していた。閉店前に決まっていたイベントは会場を変更して実施する予定。

以上、

 

地元の人間からみれば、「アーリー・ビリーバーズ」は大人向けのライブを開催するなど、独自の企画も盛りだくさんで業界を盛り上げてくれていたところであった。福岡にとっても今やライブハウスは文化、福岡の音楽シーンがひとつ無くなると思うと寂しくなる。

ボケ防止の爺様たちが経営する日本国は、新型コロナ感染症に対して爺さんのしょんべんのような防疫対策をとり、何もかもダメにしつつある。一方で議員や官僚たちは超高級ステーキ三昧を続けている。

0225_02.jpg

[ 2021年2月25日 ]

 

 

 


HTML Comment Box is loading comments...



※記事の削除等は問合せにて。

関連記事

 

 

 


PICK UP


PICK UP - 倒産