アイコン 静岡の大興製紙(株)が会社更生法開始決定へ 新型コロナ関連倒産 負債140億超

大興製紙

続報。1月15日に会社更生法申請した、製紙業の大興製紙(株)(所在地:静岡県富士市上横割10 代表:等健次)2月15日は付、東京地裁において更生手続の開始決定を受けました。官報より参照。

負債総額は約140億円。

資本金は1億円。

同社は昭和25年6月に設立、業績が低迷する中、新型コロナウイルスの影響もあって自力での継続を断念、今回の処置となった。

 
 

管財人には、等健次氏と綾克己氏が選任されている。

更生債権等の届出をすべき期間の終期は令和3年3月12日。

更生債権等の一般調査期間令和3年5月7日から令和3年5月14日まで。

更生会社、届出をした更生債権者等又は株主が更生計画案を提出することができる期間の終期は令和3年5月24日。

管財人が更生計画案を提出すべき期間の終期は令和3年5月31日。

事件番号は令和3年(ミ)第1号となっている。

 

概要

業種

製紙業

住所

静岡県富士市上横割10

代表

塩川好久ほか

資本金

1億円

設立

昭和25年6月

負債

約140億円

 

既報記事
負債140億超 大興製紙(株)(静岡)/会社更生法申請へ 新型コロナ関連倒産


 

[ 2021年2月25日 ]
 

 

 


HTML Comment Box is loading comments...



※記事の削除等は問合せにて。

関連記事

 

 

 


PICK UP


PICK UP - 倒産