アイコン 追報:破産開始決定/相澤建設(株)(富山) 負債34億円

続報。4月5日に富山地裁へ自己破産を申請した、建設業の相澤建設(株)(所在地:富山県富山市上飯野43-5 代表:相澤行広名)は4月23日、同地裁において破産手続き開始決定を受けた。

負債総額は約34億円。

破産管財人は山本賢治弁護士(電話番号:076-421-1868)が選任されている。

以下要約。

 
 

スクロール→

破綻要約

1

破綻企業名

相澤建設(株)

2

本社地

富山市上飯野43-5

3

代表

相澤行広

4

設立

19749

5

資本金

8000万円

6

業種

建築業、不動産賃貸業、グループの中核企業でスーパー銭湯「湯来楽 砺波店」経営

7

グループ会社

株式会社平安商事

株式会社アイズ総合

株式会社エクト

平安アセットマネージメント株式会社

株式会社ファニーファーム

株式会社ゆらら

社会福祉法人相幸福祉会

()

グループ会社の状況は不明

8

売上高

ピーク、約45億円

20202月期、約18億円

9

破たん

202145

自己破産申請

2021423

破産手続きの開始決定

10

裁判所

富山地方裁判所

11

破産管財人

山本賢治弁護士(山本賢治法律事務所)

電話:076-421-1868

12

負債額

約34億円

13

債権者数

約120人

13

破綻内容

同社は建築工事を主体にした不動産賃貸業者。住宅からビル・施設まで幅広く受注し事業を拡大していたが、バブル以降、受注減少により、多角化を進め近年は20億前後の売上高を計上していた。しかし、今般の新コロナ惨禍により、グループで展開していたスーパー銭湯の経営が急悪化、開発事業の遅延もあり、資金が固定化し、グループに対する資金流出、借入金も大きく、資金繰りに窮し、今回の事態に至った。

[ 2021年4月27日 ]
 

 

 


HTML Comment Box is loading comments...



※記事の削除等は問合せにて。

関連記事

 

 

 


PICK UP


破産・小口倒産一覧