アイコン 総合メンテナンスのジェイ・ビー・シーサービス(株)(東京)/民事再生申請 JBCサービス

ビルメンテナンス業のジェイ・ビー・シーサービス(株)(所在地:東京語杉並区西荻南2-7-13 代表:南達也)は4月2日、東京地裁において民事再生法の適用を申請し、同日に監督命令を受けました。

負債総額は約11億8千万円。

 
 

資本金は5000万円。

同社は昭和55年7月に創業、昭和59年10月に法人化へ、業績が低迷する中、後継者問題などもあって自力での事業継続を断念、今回の措置となった。

申請代理人は小笠原耕司弁護士(電話番号:03-5501-7215)ほか、監督委員は岩知道真吾弁護士(電話番号:03-6807-3878)が任命されている。

 


スクロール→

破綻企業 要約

1

破綻企業名

ジェイ・ビー・シーサービス(株)

2

本社地

東京都杉並区西荻南2-7-13

3

代表

南達也

4

設立

198410

5

創業

1980

6

資本金

5000万円

7

業種

ビル清掃・ビル管理など総合メンテナンス業

8

売上高

ビーク期、約20億円

201912月期、約11億円

9

破たん

202142

民事再生法の適用申請/同日監督命令

10

裁判所

東京地方裁判所

11

申請代理人

小笠原耕司弁護士(小笠原六川国際総合法律事務所)ほか

電話:03-5501-7215

12

監督員

岩知道真吾弁護士(銀座インペリアル法律事務所)

電話:03-6807-3878

13

負債額

約12億円

14

破綻内容

同社は東京はじめ関東圏で官庁や企業などの清掃やメンテナンスおよびビル・施設管理の総合メンテナンス事業を展開していた。しかし、競争激化に加え、人件費の高騰を受け、売上高の減少とともに採算性、財務内容とも悪化させ、前代表の逝去もあり、再生法により抜本的に財務内容を改善させ、再起を目指すため、今回の申請となった。

()受注先がある限り再生は可能。

 

[ 2021年4月 6日 ]
 

 

 


HTML Comment Box is loading comments...



※記事の削除等は問合せにて。

関連記事

 

 

 


PICK UP


破産・小口倒産一覧