アイコン 追報:パールライン(株)(宮城・熊本)/破産開始決定 負債23億円

続報。マリコン、沿海海運のパールライン(株)(所在地:熊本県上天草市大矢野町中*** )は3月24日付、仙台地裁において破産手続きの開始決定を受けました。官報より参照。

負債額は約23億6000万円。

 
 

スクロール→

破綻企業 要約

1

破綻企業名

パールライン(株)

2

本社地

宮城県塩竈市新浜町1-15-13-4

3

本店登記地

熊本県上天草市大矢野町中9861-6

4

代表

岡武男

5

設立

198511

6

創業

1979

7

資本金

1000万円

8

業種

沿海海運業、土木工事業

9

売上高

ビーク20148月期、約37億円。

20198月期、約20億円/債務超過

10

破たん経過

2019918

民事再生法の適用申請/同日保全処分

2021225

民事再生廃止決定

2021324

破産手続きの開始決定

11

裁判所

仙台地方裁判所

12

破産管財人

阿部弘樹弁護士(ひろむ法律事務所)

電話:022-223-2905

13

負債額

約23億円

14

破綻内容

同社は熊本県から青森・宮城に進出、東日本大震災の復興工事に従事、クレーン船など多数の工事用船舶を擁し、宮城・岩手・青森県の護岸や港湾の復旧工事に従事した。しかし、借り入れによる船舶投資やリース船舶による設備投資が大きく、その後、震災復興工事が一巡し、受注量が減少、売上高はピークの半分近くまで減り、債務超過に転落、同社は資金繰りにも窮し、2019年9月に民事再生法の適用申請を行い、財務内容の改善を目指した。しかし、受注量は減り続け、またこうした事故会社への発注を大手ゼネコンが嫌うことから、先行きの見通しも立たず、再生計画通り業績が進捗する見通しも立たず、今回の事態に至った。

 

[ 2021年4月 6日 ]
 

 

 


HTML Comment Box is loading comments...



※記事の削除等は問合せにて。

関連記事

 

 

 



PICK UP


破産・小口倒産一覧