アイコン 朝日新聞 「米国か中国か?」選択せまる

米国か中国か?日本経済界に踏み絵、対応誤れば「死」

軍事力だけでなく経済的手段を使って国際社会での影響力を拡大させようと、米中間で、安全保障と経済を融合させた「経済安全保障」をめぐる応酬が激化している。安保で対米関係を最重視する一方、中国との経済的結びつきを無視できない日本は、両大国のはざまで揺さぶられている。

3月16日朝、前夜に東京入りしたブリンケン米国務長官が最初に設けた日本側との会合は、日本のビジネス界とのオンライン形式の協議だった。同氏は、招いた日本商工会議所の三村明夫会頭や楽天の三木谷浩史会長兼社長らにこう呼びかけた。

「技術革新が急速に発展するにつれ、消費者やプライバシーが保護されることを確認し、知的財産を盗用した者の責任を問うために(日米が)一致協力する。いまがその絶好の機会だ」

 

 
 

新聞

ネットの反応では・・

「相変わらずの朝日」

「日本を選ぶよ俺は」

「第3の道というか我が国を選ぶだろ」

「中国選んだらどうなるの、ウイグル?チベット?」

「アメリカがアジアが一丸となることを望んでないことは明白。中国はわかりやすいが日本はわかりにくい。なので日本を配下においている。」

「核持たせろいい加減、くそ朝日がエラそうに」

「犬っていう言葉好きだよな、奴隷よりマシじゃね」

「俺は朝日をぶっ潰す方を選びますwww」

「まず中国を選択肢にいれることが間違い、したがって朝日新聞が間違い。潰してOK」

などの声があがっている。

 

相変わらずの朝日新聞。

ゾルゲから始まる反日体質は、慰安婦により日韓関係を拗らせるまでに至った。

 

 

 


 

 

[ 2021年4月15日 ]
 

 

 


HTML Comment Box is loading comments...



※記事の削除等は問合せにて。

関連記事

 

 

 



PICK UP


破産・小口倒産一覧