アイコン 水素水のエコモ・インターナショナル(株)(福岡)/破産手続き開始決定 新型コロナ関連倒産

水素水生成器卸業者のエコモ・インターナショナル(株)(所在地:福岡県飯塚市太郎丸287-1 代表:福岡和久)は4月9日付、福岡地裁飯塚支部において破産手続きの開始決定を受けました。官報より参照。

負債総額は約10億4000万円。

資本金は1億円。

同社は平成12年7月に設立、行政処分後に業績が悪化する中、新型コロナの影響もあって事業を断念、今回倒産の事態となった。

 
 

破産管財人には、古本栄一弁護士が選任されているとのこと。

財産状況報告集会・一般調査・廃止意見聴取・計算報告の期日は令和3年7月5日午後1時30分。

事件番号は令和3年(フ)第18号となっています。

 


スクロール→

破綻企業 要約

1

破綻企業名

エコモ・インターナショナル(株)

2

本店所在地

福岡県飯塚市太郎丸287-1

3

代表者名

福岡和久

4

設立・創業

20007

5

資本金

1億円

6

業種

自社製水素水生成器卸業

7

売上高

2015年3月期、約11億円

2020年3月期、1億円未満

8

破綻日

202149

9

破綻内容

破産手続きの開始決定

10

裁判所

福岡地裁飯塚支部

11

破産管財人

古本栄一弁護士(古本・横手法律事務所)

電話:0948-26-1200

12

負債額

約10億円

13

破綻経過等

同社は自社製の水素水生成器を健康食品会社やスポーツジムなどへ卸販売していたが、水素水ブームが過ぎ去り売上高が減少、海外へ注力していたものの、新コロナ惨禍により輸出が停滞し、資金繰りにも行き詰った。

[ 2021年4月20日 ]
 

 

 


HTML Comment Box is loading comments...



※記事の削除等は問合せにて。

関連記事

 

 

 


PICK UP


破産・小口倒産一覧