アイコン 「Petit Point」の(株) 久家道子エンブロイダリー(東京)/自己破産へ 新型コロナ関連倒産

繊維商品販売の(株) 久家道子エンブロイダリー(所在地:東京都中野区弥生町5-26-9 登記簿上所在地:東京都中野区弥生町5-17-4 代表:五十嵐一嘉)は4月30日、事業を停止して、破産申請に向けた事後処理を弁護士に一任した。

負債総額は約2億円。

 
 

資本金は7000万円。

同社は昭和31年5月に創業、昭和51年1月に法人改組化へ、前代表が亡くなったことにより業績が低迷していたが、新型コロナの影響もあって事業を断念、今回倒産の事態となった

担当弁護士は、森原憲司法律事務所の大塚陵弁護士(電話番号:03-5405-2220)が任命されている。

 


スクロール→

破綻要約

1

破綻企業名

(株)久家道子エンブロイダリー

2

本社地

東京都中野区弥生町5-26-9

3

代表

五十嵐一嘉

4

設立

1976年1月

5

資本金

7000万円

6

業種

自社ブランドの婦人用かばんやバッグ販売

7

売上高

過去のピーク期、約12億円

2019年9月期、約1億円

8

破たん

2021年4月30日

事業停止、自己破産申請の準備中

9

裁判所

 未定

10

代理人弁護士

大塚陵弁護士(森原憲司法律事務所)

電話:03-5405-2220

11

負債額

約2億円

12

破綻事由

同社は前代表でデザイナーの(故)久家道子氏(本名:五十嵐道子氏)が自社企画デザインのバッグや雑貨類を販売していた会社。当時は知名度もあり百貨店などで店舗販売し、売り上げも好調だった。しかし、長い消費不況、競争激化で売上不振が続く中、今般の新コロナ感染拡大で、店舗は休業を余儀なくされ、今回の事態に至った。

 

[ 2021年5月12日 ]
 

 

 


HTML Comment Box is loading comments...



※記事の削除等は問合せにて。

 

関連記事

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  

 

 



PICK UP


破産・小口倒産一覧