アイコン 大東建託 3月決算 減収減益 新コロナ影響甚大

同社は新コロナにより得意の対面営業が限られ、建設受注が減少して営業利益を大幅に落とし、一括借上げや保証人なしサービス事業の不動産事業やその他で子会社化した(株)インヴァランスの投資用マンション事業やガス事業での増収増益ではカバーできなかった。

22年3月期は新コロナ次第となっている。

 

スクロール→

2021年3月期  日本方式

 

売上高

営業利益

←率

税前利益

株主利益

18/3

1,557,017

126,369

8.1%

131,533

87,829

19/3

1,591,178

127,047

8.0%

132,240

89,930

20/3

1,586,293

127,956

8.1%

133,028

90,380

21/3

1,488,915

86,738

5.8%

90,607

62,285

21/20

-6.1%

-32.2%

 

-31.9%

-31.1%

22/3期予想

1,570,000

94,000

6.0%

97,000

65,000

22/21期比

5.4%

8.4%

 

7.1%

4.4%

2021/3期 部門別 営業利益

連結/百万円

売上高

営業利益

事業分野

当期

前期比

当期

前期比

利益率

建設事業

401,709

-27.1%

32,631

-57.8%

8.1%

不動産事業

1,014,262

4.2%

63,273

12.0%

6.2%

その他

72,943

18.6%

13,362

5.0%

18.6%

調整

1

 

-22,528

 

 

合計

1,488,915

-6.1%

86,738

-32.2%

5.8%

 

[ 2021年5月 1日 ]

 

 

 


HTML Comment Box is loading comments...



※記事の削除等は問合せにて。

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
 


PICK UP


破産・小口倒産一覧