アイコン 全国主要7都市のオフィスの4月の空き室率 軒並み上昇 東京5.65%

三鬼商事が13日発表した4月末時点の全国7都市のビジネス街区のオフィスの平均空き室率は、軒並み上昇している。新コロナによりテレワークの増加、内需企業など業績悪化により都心部からの事務所移転および縮小などより、全国で空き室率が上昇、大阪や東京では市況悪化により昨年12月と比較して平均賃料も下落している。

東京都心のビジネス街区の5区(千代田、中央、港、新宿、渋谷)のオフィス平均空室率は、新コロナにより急速に悪化してきている。前月比でも0.23ポイント上昇の5.65%となった。上昇は14ヶ月連続となった。この空き室率は実に6年7ヶ月ぶりの高さ。
ただ、IT企業が多い渋谷区は、世のデジタル化に対応し事業会社が集積しており、前月比で0.17ポイント低下し5.32%とやや改善している。

 

スポンサーリンク
 

スクロール→

2021年4月オフィス空室率状況と賃料/三鬼商事版

全国主要都市ビジネス地区

 

 

空き室率%

平均賃料

札幌

18/12

2.33

8,757

19/12

1.91

9,144

20/12

2.66

9,468

21/4

2.78

9,521

 

仙台

18/12

4.40

9,109

19/12

4.19

9,197

20/12

5.51

9,316

21/4

6.27

9,342

 

東京

18/12

1.88

20,887

19/12

1.55

22,206

20/12

4.49

21,999

21/4

5.65

21,415

 

横浜

18/12

2.55

11,377

19/12

2.00

11,862

20/12

3.85

12,271

21/4

3.55

12,347

 

名古屋

18/12

2.72

11,152

19/12

1.92

11,568

20/12

3.80

11,819

21/4

4.04

11,887

 

大阪

18/12

2.83

11,423

19/12

1.82

11,794

20/12

3.44

11,925

21/4

4.01

11,848

 

福岡

18/12

2.04

9,974

19/12

2.09

10,547

20/12

3.79

11,086

21/4

4.47

11,106

・家賃は坪単価・円、三鬼商事による調査データ

 

[ 2021年5月14日 ]

スポンサーリンク
 

 

 


HTML Comment Box is loading comments...



※記事の削除等は問合せにて。

スポンサーリンク
 

関連記事

 

 



PICK UP


破産・小口倒産一覧