アイコン 婦人・子供服卸 (株)コイケ(愛知)/民事再生申請 負債約65億 新型コロナ関連倒産

婦人・子供服卸の(株)コイケ(所在地:愛知県名古屋市中区丸の内3-7-19 代表:小池義仁)は5月14日、東京地裁において民事再生法の適用を申請、同日に保全処分命令と監督命令を受けた。

負債総額は約65億円。

資本金は2000万円、従業員が36名。

スポンサーリンク
 
 

同社は昭和50年8月設立、新型コロナの影響もあって業績が低迷、自力での事業継続を断念し、今回の措置となった。

なお、スポンサーはジーエフホールディングス(株)に決定している。

申請代理人は森・濱田松本法律事務所の山崎良太弁護士(電話番号:03-5223-7790)ほかが任命されている。


スクロール→

破綻要約

1

破綻企業名

(株)コイケ

2

本社地

愛知県名古屋市中区丸の内3-7-19

3

代表

小池義仁

4

設立

1975年8月

5

資本金

2000万円

6

業種

アパレル製品の卸業

7

売上高

2019年7月期、約125億円

2020年7月期、約116億円

8

従業員

36人

9

破たん

2021年5月14日

民事再生申請/監督命令

10

裁判所

東京地方裁判所

11

申請代理人

山崎良太弁護士(森・濱田松本法律事務所)ほか

電話:03-5223-7790

12

監督員

未定

 

13

負債額

約65億円 

14

破綻事由

同社はアパレル製品の卸業者。アパレル専門店や大手アパレルメーカーなどからデザイン取得する受託製造事業を展開、提携先の海外工場に製造委託し、卸販売してきたが、新コロナの影響により、取引先からの支払い遅延などが生じ、支払いに窮し、今回の申請となった。

15

特記

5月14日、ジーエフホールディングス(株)(岐阜県)とスポンサー契約締結。

 

[ 2021年5月14日 ]
スポンサーリンク
 

 

 


HTML Comment Box is loading comments...



※記事の削除等は問合せにて。

スポンサーリンク
 

関連記事

 

 



PICK UP


破産・小口倒産一覧