アイコン 捜査を受けた(株)テクノシステム(神奈川)/弁護士一任・民事再生意向 負債150億

再生可能エネルギー事業者の(株)テクノシステム(所在地:神奈川県横浜市西区みなとみらい2-2-1 代表:生田尚之)は5月17日、同日までに法的申請の準備に向けた事後処理を弁護士に一任した。

なお東京地裁において民事再生法の適用を6月上旬に申請する予定とのこと。 

負債総額は150億円、神奈川県としては今年最大の負債額となっている。

資本金は10億5048万7615円。

 
 

同社は平成21年1月創業、平成21年12月に法人化へ、急成長していたものの、電力買い取り価格の低下により業績が低下、資金繰りも逼迫し、自力での経営継続を断念、今回の措置となった。

担当弁護士は、リーガルキュレート総合法律事務所の高柳孔明弁護士(電話番号:03-6206-1436)が任命されている。

以下要約。

 

スクロール→

破綻要約

1

破綻企業名 1

(株)テクノシステム

2

本社地

神奈川県横浜市西区みなとみらい2-2-1

3

代表

生田尚之

4

設立

2009年12月

5

資本金

10億5048万円

6

業種

再生可能エネルギー事業会社

7

売上高

2019年11月期、約161億円

8

破たん

2021年5月17日

弁護士一任/民事再生申請意向

9

受任弁護士

高柳孔明弁護士(リーガルキュレート総合法律事務所)

電話:03-6206-1436

10

裁判所

東京地方裁判所の予定

11

負債額

約150億円

12

破綻事由

同社はソーラー発電やバイオ発電などを投資家向けに開発販売し、管理や運営も手がけていた。しかし、開発費の借り入れや政府の電力の買取価格低減から、事業が苦しくなり、投資家への支払いが滞るようになり、一部では投資家から裁判も起こされる事態に至っていた。

関連記事

東京地検特捜部4月28日までに、太陽光発電関連会社()テクノシステム(横浜市西区みなとみらい2--1 横浜ランドマークタワーC棟19階)が、金融機関から融資金をだまし取った疑いがあるとして、詐欺容疑などで同社や関係先を家宅捜索した。

 

SBISLと深い関係>

4月2日、SBIホールディングスは、傘下の金融仲介会社SBIソーシャルレンディング(SBISL/東京)が、投資家から出資を募ったファンドで、投資勧誘の際に金融商品取引法に違反した恐れがあり、元本相当額の返還作業を進めると発表していた。同社はこのため、2021年3月期に損失を計上すると発表。税引前利益に最大約150億円の影響が出る見通しとなっていた。

https://n-seikei.jp/2021/04/hd.html

 

[ 2021年5月18日 ]
 

 

 


HTML Comment Box is loading comments...



※記事の削除等は問合せにて。

 

関連記事

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  

 

 



PICK UP


破産・小口倒産一覧