アイコン 北大と東北大らの研究チーム FPIAによる新抗体検査法確立 ポータブル装置で計測20分


北海道大学大学院総合化学院博士後期課程(研究当時)の西慶音氏、博士前期課程の高橋和希氏、同大大学院工学研究院の渡慶次学教授、東北大学多元物質科学研究所の火原彰秀教授ら,およびディスプレイ等電子機器メーカーのTianma Japan(株)らの研究グループは、新型コロナウイルスの高性能な抗体検査技術を開発したと発表した。

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)は,2019年12月に最初の感染が報告されて以来,現在に至るまで世界中で感染が拡大している。

すでにCOVID-19に有効なワクチンの接種が世界中で開始されているが,検査で感染者を特定し,隔離等の対策を継続することが今後も不可欠となっている。
COVID-19の検査には,一般にウイルスの遺伝子を検出するポリメラーゼ連鎖反応(PCR)法が用いられている。

しかし、,検査できる場所に制約があり、検査の時間と手間がかかる欠点がある。一方で,迅速なCOVID-19の検査法として用いられているイムノクロマト法による抗体検査は,定性的な結果しか得られず,判定誤差が生じやすい問題があった。

スポンサーリンク

同研究グループは昨年、上記の検査技術に代わって、簡便,迅速,かつ高精度に分析できる可能性をもつ蛍光偏光免疫分析法(FPIA)に着目し,蛍光偏光を測定できるポータブルな装置を開発するとともに、同装置が鳥インフルエンザ診断に応用できることを報告した。

今回は、ポータブル測定装置を利用して、FPIAを原理とするCOVID-19の抗体検査技術を確立した。
新たな測定試薬を開発し、ポータブル測定装置の改良を行うことで,COVID-19の抗体検査を約20分で、わずか0.25μLという検体量で実施することを可能にした。COVID-19感染者の血清を用いて評価を行ったところ、高精度に陽性・陰性の判定ができることが実証された。

本技術により、現場での迅速なCOVID-19の診断が可能となった。
また、ワクチン接種後の免疫反応の定量的評価など、ワクチンや治療法開発のために重要な役割を果たすことが期待されると発表した。

以上、リリース


 

[ 2021年6月17日 ]

スポンサーリンク
 

 

 


HTML Comment Box is loading comments...



※記事の削除等は問合せにて。

スポンサーリンク
 

関連記事

 

 



PICK UP


破産・小口倒産一覧