アイコン gumiとスクウェア・エニックス FFBE幻影戦争ガチャ景品表示法違反


消費者庁は28日、gumiとスクウェア・エニックスに対し、両社が供給する「WAR OF THE VISIONS ファイナルファンタジー ブレイブ エクスヴィアス 幻影戦争」と題するオンラインゲームに係る表示について、景品表示法に違反する行為(同法第5条第1号(優良誤認)に該当)が認められ、同法第7条第1項の規定に基づき、それぞれ、措置命令を行ったと発表した。

ゲーム内では一定の提供割合に基づき、10連ガチャでは10回分の抽選が行われると表記していた。しかし、抽選が行われるのはどちらのリストを選ぶかの1度のみで、その後はリスト内のある地点から10枠連番のアイテムをユーザーに提供している状態だった。
この仕組みでは、1枠ごとに抽選していれば提供される可能性のあった10枠分の組み合わせのほとんどが実現し得ないものになっていた。

 

スポンサーリンク

措置命令の概要
(1) 対象役務
オンラインゲームの「WAR OF THE VISIONS ファイナルファンタジー ブレイブ エクスヴィアス 幻影戦争」(本件ゲーム)内において実施したアないしオの各役務は、
ア、「1st ANNIVERSARY 1回限定 1回引き直し可能 UR10枠確定10連召喚」と称する役務(以下「ガチャ1」という。)
イ、「1st ANNIVERSARY 1回限定 URユニット10体確定10連召喚」と称する役務(以下「ガチャ2」という。)
ウ、「1st ANNIVERSARY 1回限定 URビジョンカード10枚確定10連召喚」と称する役務(以下「ガチャ3」という。) NewsRelease1
エ、「1st ANNIVERSARY 1回限定 URユニットの欠片100個確定10連召喚」と称する役務(以下「ガチャ4」という。)
オ、 「1st ANNIVERSARY 1回限定 URビジョンカードの欠片50個確定10連召喚」と称する役務(以下「ガチャ5」という。)

(2) 対象表示
ア 表示の概要
(ア) 表示媒体 本件ゲーム内
(イ) 表示期間 令和2年11月14日から同月16日までの間
(ウ) 表示内容
a ガチャ1について、あたかも、5枠分の「URユニット」と称するアイテム及び5枠分の「URビジョンカード」と称するアイテムの計10枠分のアイテムの抽選方法については、1枠ごとに、提供割合に従って抽選が行われるかのように示す表示をしていた。

b ガチャ2について、あたかも、10枠分のURユニットの抽選方法については、1枠ごとに、提供割合に従って抽選が行われるかのように示す表示をしていた。

c ガチャ3について、あたかも、10枠分のURビジョンカードの抽選方法については、1枠ごとに、同欄記載の提供割合に従って抽選が行われるかのように示す表示をしていた。

d ガチャ4について、あたかも、10枠分の「URユニットの欠片」と称するアイテム (各100個)の抽選方法については、1枠ごとに、同欄記載の提供割合に従って抽選が行われるかのように示す表示をしていた。

e ガチャ5について、あたかも、10枠分の「URビジョンカードの欠片」と称するアイテム(各50個)の抽選方法については、1枠ごとに、同欄記載の提供割合に従って抽選が行われるかのように示す表示をしていた。

イ 実際
(ア) ガチャ1について、
5枠分のURユニット及び5枠分のURビジョンカードの計10枠分のアイテムの抽選方法については、1枠ごとに、別表1「表示内容」欄記載の提供割合に従って抽選が行われるものではなく、
1「ガチャ1の抽選方法」欄記載のとおり抽選が行われるものであって、ガチャ1を実行した結果提供される当該10枠分のアイテムの組合せは限られたものとなっており、1枠ごとに別表1「表示内容」欄記載の提供割合に従って抽選が行われれば提供される可能性のあった当該10枠分のアイテムの組合せのほとんどが、絶対に提供されないものであった。

(イ) ガチャ2について、
10枠分のURユニットの抽選方法については、1枠ごとに、記載の提供割合に従って抽選が行われるものではなく、「ガチャ2の抽選方法」欄記載のとおり抽選が行われるものであって、ガチャ2を実行した結果提供される当該10枠分のURユニットの組合せは限られたものとなっており、1枠ごとに別表1「表示内容」欄記載の提供割合に従って抽選が行われれば提供される可能性のあった当該10枠分のURユニットの組合せのほとんどが、絶対に提供されないものであった。

(ウ) ガチャ3について、
10枠分のURビジョンカードの抽選方法については、1枠ごとに、別表1「表示内容」欄記載の提供割合に従って抽選が行われるものではなく、別表4-1「ガチャ3の抽選方法」欄記載のとおり抽選が行われるものであって、ガチャ3を実行した結果提供される当該10枠分のURビジョンカードの組合せは限られたものとなっており、1枠ごとに別表1「表示内容」欄記載の提供割合に従って抽選が行われれば提供される可能性のあった当該10枠分のURビジョンカードの組合せのほとんどが、絶対に提供されないものであった。

(エ) ガチャ4について、
10枠分のURユニットの欠片(各100個)の抽選方法については、1枠ごとに、別表1「表示内容」欄記載の提供割合に従って抽選が行われるものではなく、別表5-1「ガチャ4の抽選方法」欄記載のとおり抽選が行われるものであって、ガチャ4を実行した結果提供される当該10枠分のURユニットの欠片(各100個)の組合せは限られたものとなっており、1枠ごとに別表1「表示内容」欄記載の提供割合に従って抽選が行われれば提供される可能性のあった当該10枠分のURユニットの欠片(各100個)の組合せのほとんどが、絶対に提供されないものであった。

(オ) ガチャ5について、
10枠分のURビジョンカードの欠片(各50個)の抽選方法については、1枠ごとに、別表1「表示内容」欄記載の提供割合に従って抽選が行われるものではなく、別表6-1「ガチャ5の抽選方法」欄記載のとおり抽選が行われるものであって、ガチャ5を実行した結果提供される当該10枠分のURビジョンカードの欠片(各50個)の組合せは限られたものとなっており、1枠ごとに別表1「表示内容」欄記載の提供割合に従って抽選が行われれば提供される可能性のあった当該10枠分のURビジョンカードの欠片(各50個)の組合せのほとんどが、絶対に提供されないものであった。

(3) 命令の概要
ア 前記(2)アの表示は、前記(2)イのとおりであって、それぞれ、本件5役務の内容について、一般消費者に対し、実際のものよりも著しく優良であると示すものであり、景品表示法に違反するものである旨を一般消費者に周知徹底すること。
イ 再発防止策を講じて、これを役員及び従業員に周知徹底すること。
ウ 今後、同様の表示を行わないこと。
以上、
消費者庁にソフトも書けるゲームオタクかタレこみ情報に基づくものだろう。
エゲツないやり方をして利益を稼ごうとばかりすれば客は離れてしまう。
一連のゲームでは4000円ほどかかるという。
ゲームはもはやグローバル化され、制作費も巨額に上り、世界で戦い勝利しなければ作品を作ることさえ困難になってきている。日本は小さなマーケットのひとつに過ぎず、内弁慶での儲けだけではいずれ淘汰される。

[ 2021年6月30日 ]

スポンサーリンク
 

 

 


HTML Comment Box is loading comments...



※記事の削除等は問合せにて。

スポンサーリンク
 

関連記事

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  

 

 



PICK UP


破産・小口倒産一覧