アイコン 自衛隊の東京・大阪の大規模接種会場などの予約低調


東京ではキャンセル待ちの人たちが長だの列をなす病院の接種会場もある一方、8日、7日から予約受付を開始した6月14日~27日までの予約分について、「東京センターにおいては、合計14万人の予約枠に対して予約者1万5千人、現在残り12万5000人分。大阪については、予約枠7万人に対して予約者は1万3千人で、5万7000人分の予約枠が残っている」(岸信夫 防衛相)という。8日朝の段階で8割以上の余裕があることを明らかにした。

当初は予約開始とともに数時間で予約が満杯となっていた。予約の動きが鈍っている要因について岸大臣は、枠が2週間分に拡大されたことや、地方自治体での接種の本格化などを挙げている。

スポンサーリンク

地方でも

広島県の新型コロナウイルスワクチンの高齢者向け大規模接種が7日、同県福山市の県立ふくやま産業交流館「ビッグ・ローズ」で始まった。1日1800人の枠に対し、接種したのは福山市(80歳以上)、同県世羅町(65歳以上)の88人と、急きょ接種を追加した医療従事者ら計233人。

市民からは「まだ予約が取れずに不安な人がいる」との声もあり、よりきめ細かい情報発信が求められる。これまではかかりつけの医院で対応しており、感染リスクから接種センターを嫌った可能性もある。

地域によっては感染者数が減少し、危機感が薄れた可能性もある。特に高齢者の場合、統計的には僅少であるが、副作用の心配もある。

 

 

[ 2021年6月 8日 ]

スポンサーリンク
 

 

 


HTML Comment Box is loading comments...



※記事の削除等は問合せにて。

スポンサーリンク
 

関連記事

 

 



PICK UP


破産・小口倒産一覧