アイコン 2021年4月以降の国内企業リストラ一覧


昨年1月からの新コロナの影響により内需産業の観光・交通・飲食・アパレル販売等大打撃を受けており、耐えられず、倒産する企業も多発、大手ではリストラも多くなっている。
それも、世界経済の急回復から、すでに産業用の物価は大幅に上昇し、原価コストが急上昇、消費者物価にもすでに一部反映されてきてもいる。

新コロナ収束後、一時景気は回復しても、内需は長続きせず、消費者物価高による購買力低下により、内需産業の本格的な業績回復は難しく、新コロナ後には企業に対する雇用維持のための助成金も廃止され、さらにリストラは増加するものと見られる。

<物価上昇の元凶の一つ>

原油価格(WTI原油先物価格)

2019年末、61.74ドル

2020年1月末、52.23ドル

4月20日、3.92ドル(新コロナ暴落)

7月末、40.82ドル

12月末、48.14ドル

2021年1月末、52.55ドル

3月末、60.68ドル

6月23日、73.28ドル

(100ドル説浮上、米国もシェールオイル軍団が大打撃を受けており、バイデン大統領はこのまま放置すると見られる。米制裁による原油輸出禁止措置中のイランも強硬派が新大統領になり、早期に米と核合意に至る可能性は低くなっている)

今年に入り、鉄鉱石も石炭もレアメタルも半導体も大豆も食用油もとうもろこしも木材も海運価格も急上昇している。

スポンサーリンク

 

スクロール→

2021年4月以降のリストラ

 

企業名ほか

業種等

募集数

応募数

415

セコニック 福島県の田島工場、930日閉鎖

416

大阪有機化学工業 千葉県の八千代工場を、6月閉鎖

420

ANAP

アパレル製造

20

 

421

物流の日新 子会社の「日中平和観光」事業停止

430

美容室展開の「TAYA」田谷 33店舗を来年3月までに閉鎖へ 

51

JR東海、1/25からの一時帰休延長 300人規模 6/30まで

55

ヨシコン コンクリ二次製品事業撤退

配置換

 

56

石塚硝子 姫路閉鎖 22/12月予定

配置換

 

512

JR東日本 「緑の窓口」25年までに7割減、300駅/440駅削減

513

旭化成 和歌山工場閉鎖 22年4月

配置換

 

528

名鉄/旅行業店舗25%削減、関係社員15%削減

15%

 

531

エドウィン 子会社「秋田ホーセ」の4工場、79月閉鎖

208

 

61

神田造船所(呉市)造船事業から撤退

 

 

61

日本ロレアル/メイクアップ用の「ロレアルパリ」商品年末廃止

62

ラーメンの幸楽園

6/30予定

50

48

63

アステラス製薬

12/31日予

450

 

64

チッソ 50歳以上対象

9/30日予

120

 

64

ホンダ・栃木・真岡工場25年度閉鎖 従業員900人、配置転換

67

中京銀行 45歳以上

第2地銀

300

 

612

堺化学工業、火災の福島・湯本工場閉鎖へ 亜鉛末事業撤退

614

精養軒、野の「UENO 3153」店舗撤退

616

JR東日本、2/1日からの一時帰休延長 200人規模

617

クボタ、22年12月で暦100年の圧延用ロール製造事業撤退

618

JR西日本 2/1日からの一時帰休延長 1100人規模

618

佐世保重工業

 

250

248

621

ジャパンベストレスキューシステム、9/30で電力小売事業撤退

623

お台場・大江戸温泉物語閉館へ/東京都が借地契約更新拒否

624

東武百貨店

 

200

 

リリース等で判明分のみ。

[ 2021年6月24日 ]

スポンサーリンク
 

 

 


HTML Comment Box is loading comments...



※記事の削除等は問合せにて。

スポンサーリンク
 

関連記事

 

 



PICK UP


破産・小口倒産一覧