アイコン 感染増の英国 ワクチン万能主義から離脱 規制からも離脱 大幅緩和へ 日本は・・・

ジョンソン英首相は5日、19日からマスク着用義務などの一連の新型コロナウイルス制限措置を、ほぼ撤廃すると発表した。首都ロンドンなどイングランド地域が対象。正式決定は来週行われる。
在宅勤務指示は解除され、ナイトクラブなどの営業再開が容認されるほか、イベント施設などの収容人数制限も解除される見通し。
ジョンソン首相は「夏が訪れ、休暇シーズンを迎える中、今後数週間中に社会活動を再開できなければ、一体いつになったら正常な状況に戻れるのか」とし、「法的な制限から脱却し、人々が十分な情報に基づき、ウイルスの対応策を自身で決定できるようにする」と述べた。
政府のデータによると、5日時点で、英国の成人の64%がワクチン接種を完了し、86%が少なくとも1回目の接種を済ませている。
ジャビド保健相は5日、議会で、国内の感染者が現在の水準から大幅に増加すると相反する発言をなした。
「国民に正しく伝えることが重要だ。新型コロナの感染者は増加しており、引き続き大幅に増加するだろう。7月19日には1日当たりの感染者数が現在の水準をはるかに上回っていると予想することが妥当だ」と述べた。
以上、

 

ジョンソン英首相は元々規制反対派、自らが昨年4月感染し生死を彷徨い、その後方向転換、規制強化に動き、世界で一番早くワクチンの導入も果たしてきた。
しかし、自らの感染から1年を経過し、ワクチンも万能ではなかったことも証明され、もう自らの感染ものど元を過ぎたようだ。

新コロナの変異株のデルタ株に対して、英保健省はAZ製は2回接種完了で61%、ファイザー製は88%と公表していた。
しかし、イスラエルの保健省は7月5日、ファイザー製は64%(英国株=アルファ株に対しては94%)と発表した。また、重症化に対する効果も英国株に対しては98.2%からデルタ株では93%に下がったと発表している。ただ、6月6日から7月3日までのデータとしており、感染者が増加したのは6月22日以降であり、も少しデータを見る必要がある。
重症化率も下がったとしているが、元データが少なすぎ、これももっとデータ数が必要だが、93%だったら問題はないだろう。
(過去イスラエル保健省は疑わしいデータを発表していた前歴がある)。
イスラエルでは16未満のクラスターなどが頻発しているというが、検査も受けず規制にも反対するユダヤ教超正統派の感染についての公表は一切ない。帽子をかぶり髭を伸ばした聖職者のほかに信者まで含めてイスラエルには約100万人いるとされている。PCR検査も拒絶し、ワクチン接種もせず、大感染時でも集団礼拝を続けている。

英国の場合はAZ製が6割、ファイザー製が3.5割の割合でワクチン接種している。


英国では感染者数が急増しているが、ワクチン接種が進んでいるため、死亡者数は少ない。それでも医療機関が発症者数の増加でパニックに陥れば、死亡者も急増する可能性が高い。

英国の7月5日現在のワクチン接種状況:
人口100人当たり116.21回接種
1回以上接種者数の対人口比66.69%、
2回接種完了者数の対人口比は49.52%
と非常に高い接種率になっている。それでも・・・・。
ワクチンはAZ製が約6割。
英国の人口は6680万人。

英保健省はデルタ株について、AZ製もファイザー製も1回接種だけでは33%と有効性は低いとしている。
なお、インドと英国では、デルタ株より凶暴なDELTA PLUSの変異株も同時進行で感染拡大していると報告している。

0706_09.jpg

日本の政策はすべてを規制とワクチンに依存し、長期にわたり経済を疲弊させている。肝心の水際作戦もじゃじゃ漏れだとは自民党議員が述べた言葉どおりでもある(加藤厚労相当時の問題でもある)。
入国者は日本人だろうが外国人だろうが、すべて1週間でも全員施設隔離すべきである。しかし、すでに天下のアホぼんの官房長官が今月末までにワクチンパスポートを発行すると述べている。首都圏は蔓延防止措置中であり、ワクチンも接種会場を大幅に増加させたことにより滞留ワクチンも多くなり枯渇している状況、ワクチン接種もこれまで最大で110万回台、最近は100万回をきり停滞しているようだ。
パスポートは最低でも1ヶ月間早い。

欧州委員会(EU)は4月29日、4月26日までに日本に対して5230万回分を認可していると発表している。
その後も認可されているはずだが、本日(7月6日)の首相官邸のHPでは、モデルナ製140万回分合わせて5100万回の接種総回数となっている。
日本政府はファイザー社と計1億9400万回分(9700万人分)契約している。米ファイザー製は、同社のベルギー・アントワープ工場から日本へ輸出されている。そのためEUが輸出管理している。
河野爆沈大臣は4月26日以降、追加して輸出認可申請しなかったのだろうか、欧州委員会は申請主義を採用しているものの、99%申請どおり認可していると当時発表していた。
ワクチンが足りないとは考えられない。1ヶ月分で3000万回分だ。
政府管轄内で大量に膨大に腐れさせたのだろうか。いつもの秘密のあっ子ちゃんだろうか。
接種につき、政府が大風呂敷を広げ、自治体や多くの企業や大学が対応したものの、ワクチンが足りない事態、何か変過ぎる。山口さんちのツトム君ではあるまいし。


 

[ 2021年7月 6日 ]

 

 

 


HTML Comment Box is loading comments...



※記事の削除等は問合せにて。

 

関連記事

 

 



PICK UP


破産・小口倒産一覧