アイコン 実録・佐世保市漁協組合長・片岡一雄との戦い!第16弾

来週、長崎県警本部・本部長宛に片岡一雄氏に対する「長崎県暴力団排除条例の違反に対する行政処分の請求申出書」を弁護士名で提出する。

片岡

佐世保市漁業協同組合・組合長としての立場を悪用する片岡一雄氏の反社会的行為は目に余るものがある。その手口は、ゴロツキそのもであり、まさに佐世保の漁協ゴロである。
佐世保市漁協組合の漁協ゴロに対する厳罰な処分を求める。
 

スポンサーリンク
 
 

長崎県警本部 本部長 早川智之 様
長崎県公安委員会 委員長 川口博樹 様
長崎県暴力団排除条例の違反に対する行政処分の請求申出書
(行政手続法第36条の3第1貢の規定に基づく申出)
第1 請求申出の趣旨
被申出人(違法行為者・片岡一雄)は佐世保市漁業協同組合の組合長であり、長崎県・県北漁業組合長会の会長でもあり、また、長崎県漁業共済連の理事でもある。
被申出人・片岡一雄は長崎県の水産業界及び、公共工事関係や県北の大型プロジェクト工事に過大な影響力を持つ人物である。
申出人は、(1)長崎県暴力団排除条例(第1章総則)
(目的)
第1条 この条例は、暴力団が県民生活及び社会経済活動に多大な脅威を与え、県民の人権を脅かしている状況に鑑み、暴力団の排除に関し、基本理念を定め、並びに県の責務及び県民等の役割を明らかにするとともに、暴力団の排除に関する基本的施策、少年の健全な育成を図るために講ずる措置、暴力団員に対する利益の供与の禁止等を定めることにより、暴力団の排除を推進し、もって県民の安全で平穏な生活を確保し、及び社会経済活動の健全な発展に寄与することを
目的とする。

 

 

 

 

[ 2021年7月14日 ]
スポンサーリンク
 

 

 


HTML Comment Box is loading comments...



※記事の削除等は問合せにて。

スポンサーリンク
 

関連記事

 

 



PICK UP


破産・小口倒産一覧