アイコン 韓国海軍 アデン湾・清海部隊の「文武大王」乗組員全員300人感染の可能性も

アフリカ周辺海域で韓国船舶の保護に当たってきた韓国海軍清海部隊34陣の駆逐艦「文武大王(4400トン)」の乗組員6人がコロナに感染し、80人に感染が疑われる症状が出ていると韓国紙が報道している。
文武大王には300人以上の乗組員が乗船している。

密閉された環境で換気設備が全てつながっている特性から、今後も感染者が次々と出る可能性も考えられる。
しかも文武大王にはワクチン接種を受けた乗組員は一人もいないという。
韓国軍合同参謀本部はこれらの事情を考慮して作戦を事実上中断し、文在寅大統領はこの日、空中給油輸送機を使って感染対策と治療に必要な機器や人材、医療陣、必要な物品などをできるだけ迅速に現地に投入するよう指示した。

 

清海部隊34陣は今年2月にソマリアのアデン湾に派遣され、来月初めには交代する予定だった。そのような中で今月2日になって、一部乗組員に風邪のような症状が出ていることが確認された。
しかし、韓国軍はコロナ検査は実施せず、風邪薬を与えただけだった。
10日にはさらに複数の乗組員が風邪の症状を訴えたため、40人以上に対し信頼性の低い簡易の検査を行ったところ、全員が陰性だった。
13日になって症状の出ていた6人のサンプルを周辺国に送りPCR検査を依頼したところ、結果は全員が陽性だった。
うち幹部の1人は肺炎の症状が出るなど重症で、14日に現地の病院に移送された。合同参謀本部は「300人以上の乗組員のうち、80人以上に症状が出ていることから集団で隔離を行いPCR検査を実施した」と明らかにした。
検査結果はまだ出ていないが、ほとんどが感染している可能性が高いという。

韓国軍は残りの乗組員230人についても1~2日以内に全員に検査を行う予定。「最初に風邪の症状が出た乗組員を発見してから韓国軍は10日以上にわたり時間を無駄にし、感染を広げた」との批判も出ている。
以上、韓国紙参照

K防疫の一つである簡易検査キット、今では精度の高い簡易型の検査キットがあるにもかかわらず、旧タイプの検査キットを積み込んでいたのだろう。検査キットは日進月歩で進化し続けている。(検査キットはK防疫で大々的に宣伝していたが、当初、米FDAがなかなか審査を下ろさなかった経緯もある)
中東ではデルタ株が猛威を奮っており、ほとんどが中国シノバック製ワクチンを接種、接種完了者の感染が大量発生し、シノバック製ワクチン接種完了者については、ファイザー製などを交差接種させている。
それほど、中東では感染が拡大しており、当然軍艦といえド、指定港に着岸し食料などを積み込み、外部との接触はいくらでも発生する。また、積み込んだモノにウイルスが付着している可能性もある。

韓国はUAEにも原発4基受注の交換条件に軍隊(アーク部隊:135人以上)派遣をしており、原発は昨年から完成しだしテオリ、これまでの10年間、耐用年数からして向こう40年間も原発警備を行うことになっている(警備費用は全額韓国持ち、手段を選ばない受注)。

米国は国を守護する軍隊については、別枠で最初にワクチン接種させている。沖縄の米軍基地でも早期にワクチン接種、基地内で働く日本人従業員にも接種させていた。日本も別枠にすべきだろうが、金の玉のない人たちが国を経営しており、医療関係者を除き、一般人として対応させている。こうしたことが日本でも起こらない保証はない。

韓国でも、デルタ株により過去最高の感染者数が発生しており、7月12日1,100人、13日1,150人、14日1,615人、15日1,600人、16日1,535人となっている。過去、日に1,000人を超える感染者数の発生はなかった。

0716_03.jpg

[ 2021年7月16日 ]

 

 

 


HTML Comment Box is loading comments...



※記事の削除等は問合せにて。

 

関連記事

 

 



PICK UP


破産・小口倒産一覧