アイコン 追報:チタン加工の「昭和」/破産手続き開始決定 <奈良・生駒市>

続報。チタン加工業の(株)昭和(奈良県生駒市北田原町2443-1 代表:高安輝樹)は7月13日付、奈良地裁において破産手続きの開始決定を受けました。官報より参照。

停止時の負債総額は約17億円。

資本金は9185万8900円。

同社は昭和42年1月に設立した熱交換器や圧力容器、電極などに用いられるチタンの加工業者。多くの特許技術を持ち高く評価されていた。しかし、受注する機械や部品の製造業者が日本の製造業の衰退、海外工場移転により、同社は受注減少、売上高の減少が続き、新規受注も限られ、経営不振に陥り、過去の設備投資に伴う借入金も大きく、資金繰りにも窮し、今回の事態に至った。

 
 

破産管財人には、馬場勝也弁護士が選任されているとのこと。

事件番号は令和3年(フ)第172号となっています。

 

既報記事
チタン加工 (株)昭和(奈良)/自己破産へ 負債17億 新型コロナ関連倒産

 

 



 

[ 2021年7月26日 ]
 

 

 


HTML Comment Box is loading comments...



※記事の削除等は問合せにて。

 

関連記事

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  

 

 



PICK UP


破産・小口倒産一覧