アイコン タマホーム社長の社内向け動画の内容に驚きの声が <文春>

報道によれば・・・

東証一部上場の大手住宅メーカー、タマホーム(本社・東京都港区)の玉木伸弥社長(42)が、社内向けに配信するビデオレターで新型コロナに関して不正確な情報を発信していることが「週刊文春」の取材で分かった。

 先週号の「週刊文春」では、玉木氏が「ワクチンを打ったら5年で死ぬ」などと発言、ワクチンを打った社員には無期限の自宅待機が命じられ、その間は社用パソコンへのログインなども禁じられて仕事ができなくなる、事実上の“ワクチン禁止令”が出されていると報じた。

以上、報道より参照

 

 
 

 

 

ネットの反応では・・・

「人工ウイルスって確定したのか?」

「二代目か、良くある話だけど、社員は自分一人でやってて思ってそうだね、」

「エボラとエイズ足した人工ウィルスって大丈夫じゃないだろ!」

「宗教みたい、てか昔の宗教のはじまりもこんな感じだったんだろうか」

「株価が病にかかってるようだがそっちは大丈夫なのか」

などの声があがっている。

 

 

 

[ 2021年7月30日 ]
 

 

 


HTML Comment Box is loading comments...



※記事の削除等は問合せにて。

 

関連記事

 

 



PICK UP


破産・小口倒産一覧