アイコン 来春オープンの「三井ショッピングパーク ららぽーと福岡」に「MIFA Football Park 福岡」

三井不動産、九電、西鉄が事業推進する「三井ショッピングパーク ららぽーと福岡」(福岡市博多区那珂/旧青果市場跡地)の屋上に、「MIFA Football Park 福岡」がオープンすることが決定した。

「MIFA Football Park 福岡」は、Mr.Children 桜井和寿とGAKU-MCのユニット「ウカスカジー」が所属し、音楽とフットボールを通じて様々なコミュニケーションを創造する団体「MIFA」(Music Interact Football for All/ミーファ)が運営するフットボール施設。

今回が九州初進出となり、2022年春オープン予定。

さらに、ららぽーと福岡の広大な屋上には、200m陸上トラックやテニスコート、3x3バスケットボールコートを有する「スポーツパーク」も誕生し、施設全体で10,000m2超規模のスポーツの拠点を形成する。

「三井ショッピングパーク ららぽーと福岡」は、多様な人々が集い出会う多彩な「パーク」(広場)をはじめとして、コミュニティーの拠点となる活気あふれる空間を施設全体に創出し、福岡市における新たな拠点として、魅力的なまちづくりに貢献したい考えだ。

スポンサーリンク
 

また、こどもの職業・社会体験施設「キッザニア」と、日本最大級の木育・多世代交流施設「おもちゃ美術館」も九州初進出となる。

「キッザニア」は、3歳から15歳までのこどもたちを対象にした職業・社会体験施設。現実社会の約2/3サイズの街並みに、実在する企業が出展するパビリオンが立ち並び、約100種類の仕事やサービスを体験できる。2022年夏開業予定。

「おもちゃ美術館」は、アナログのおもちゃが約8000点展示される体験型ミュージアムで、グッド・トイ受賞作や木育おもちゃ、大人が楽しめるボードゲーム、福岡の伝統玩具などで実際に遊ぶことができる。福岡県産の木がふんだんに使われた館内には、全国のおもちゃ作家の作品が並ぶミュージアムショップ、日本を代表する家具産地で大川エリアの職人とコラボレーションしたギャラリーも併設される。

遊びの案内人として、館内で活躍するボランティアスタッフ「おもちゃ学芸員」を養成し、開館までに約200人が誕生予定。

0818_05.jpg


スクロール→

三井ショッピングパーク ららぽーと福岡

事業者

博多那珂6開発特定目的会社

 構成メンバー

三井不動産+九電+西鉄

所在地

福岡市博多区那珂6-351(福岡市青果市場跡地)

交通

JR鹿児島本線「竹下」駅徒歩9分

 

基幹道路の筑紫通りに面し、バスは頻繁に通っている

敷地面積

約8万6600m2

構造規模

店舗棟:鉄骨造地上5階、地下1階建、立体駐車場棟

鉄骨造地上7階建2棟ほか

屋上:各種運動施設設置、スポーツパーク

延床面積

約20万6400m2※立体駐車場棟含む

駐車台数

約3050台

スケジュール

建築着工:2020年11月

完成・開業:2022年春オープン予定

設計会社

竹中工務店

施工会社

店舗棟:竹中・南海辰村・西鉄建設・小林・坂下建設共同企業体

立体駐車場棟:大和リース

デザイン

外装:ノンスケール、ランドスケープ スタジオゲンクマガイ、

内装環境

丹青社

 

[ 2021年8月18日 ]

スポンサーリンク
 

 

 


HTML Comment Box is loading comments...



※記事の削除等は問合せにて。

スポンサーリンク
 

関連記事

 

 



PICK UP


破産・小口倒産一覧