アイコン 台風14号 17日朝から昼にかけ韓国南海岸をとおり日本海へ 九州最接近 昼12時前後

気象庁によると、台風14号は915hpまで急激に発達し、台湾に近い南西諸島を経由し、13日12時現在では勢力を960hpとなり 台風の目もなくなり、中心付近の最大風速は40m/sまで弱め、上海寄りの東シナ海上にある。

今後も北上するものの、14日は偏西風の影響を受け北上スピードを弱め、15日はほとんど停滞、黄海に至り、東に大きく進路を変え、16日午後から勢力を弱めながらスピードを上げ、17日午前9時に韓国よりの黄海上に至り、その後、さらにスピードを上げ、韓国本土の沿岸を横断し日本海へ向かうと予想されている。
九州北部に一番近づくのは17日午前12時前後と見られる。
(予報が新しくなるごとに台風の進路は韓国寄りになっている。気圧配置や偏西風・高層気圧配置とその動きに影響され、少しずつ変化している。今後とも進路予想は変化する可能性がある)

その後台風はさらにスピードを上げ、18日午前9時には兵庫県の日本海側沖へ達し、温帯低気圧になると予想されている。

 

ただ、台風の通過に伴い、長崎県の東シナ海側、台風が通過する対馬近海は大シケになると予想され注意が必要。また台風の通過に伴い、台風に向かい東シナ海から湿った大気が流れ込み続け、九州では大雨が予想されている。

韓国も2016年10月の18号では、釜山市の海雲台商店街が浸水するなど甚大な被害もあり、今回の台風は、勢力は弱いものの東シナ海の海水温が高く、九州同様、台風に向かい暖かい湿った大気が流れ込み続け、大雨が予想され、高台のがけ崩れなども含め事前の対策が必要だろう。
なお、九州本土と韓国本土とは約200キロ離れている。

0913_04.jpg

[ 2021年9月13日 ]

 

 

 


HTML Comment Box is loading comments...



※記事の削除等は問合せにて。

 

関連記事

 

 



PICK UP


破産・小口倒産一覧