アイコン With コロナ 先進国イギリスの現状 EU離脱の影 経済急回復に物流崩壊 


英国は世界に先駆けてワクチン接種を開始、高い感染者数にワクチン接種が追い付いたかに見えたものの、デルタ株などの英国株よりさらに感染力が強いデルタ株の出現に翻弄され、ジョンソン大統領は7月19日にこれまでの規制を全面的に取っ払い、世界のWith Coronaの実験国となっている。
一方で、規制がなくなり人々の活動が活発になったものの、今年1月1日からEU離脱が発効、EU諸国からの出稼ぎ労働者は帰国してしまい、新コロナ惨禍により移民労働者も帰国、経済の急回復に物流労働者が枯渇して経済の根幹を成す物流はパニック状態に陥っている。

トラック運転手だけでも10万人が不足し、すでにトラック運転手の賃金は50%以上跳ね上がっているという。

スーパーの商品棚はガラガラ、ガソリンスタンドではタンクローリー車がたまに着くたびに長蛇の列、物流網は破綻状態、政府が軍を投入しても焼け石に水、政府は急遽、期間条件付で5千人の外国人運転手の採用を認めたが、条件の敷居が高く、解決策にはまったくなっていない。
出稼ぎ労働者や移民労働者に職を奪われ、低賃金にさいなまれているとして国民の総意によりEU離脱を実現させた英国の、新コロナ規制解除後に初めて現れたEU離脱後の現状でもあり、それも想定されていたこと、受け入れるしかない。

スポンサーリンク

ポピュリスタとされるジョンソン大統領、歯切れは良いが、EU離脱では基幹産業に対するEUからの出稼ぎ労働者の構成比なども点検しておくべきだったろう。
英国は独仏より医療体制が貧弱とされ、新コロナではジョンソン大統領は当初、放置していた。しかし、自らが感染し、生死を彷徨い、その後は、ロックダウン等の規制強化策を採用、のど元を過ぎ、本来の放置主義に帰り、感染者急増中の7月19日に規制を全面解除していた。

一方、7月19日に新コロナ規制全面解除に至った英国の現状は、まさにウィズ・コロナ、感染者数は、減らず増加もしない状態が続いている。ワクチンで抑えられていると思われる。
ただ、ワクチン接種は、5月までは急激に伸びたが、7月からは鈍化、9月からは大幅鈍化し、デルタ株に有効とされる2回接種完了者は60%台からなかなか増加せず、頭打ちになっている。
死亡者数はワクチン効果(ピークは1月9日の1359人)により大幅に減っているが、日々100人前後が亡くなり続けている。それを許容しての全面解禁であろう。

なお、英国のワクチン接種種はファイザー製(5割)、アストラゼネカ製(4割)、モデルナ製の順、
日本も10月1日に国の規制は全面解除、その後、自治体も多くの独自規制を2週間経過し解除してきている。行楽シーズンも到来しており、人の移動が大幅に増加し、感染リスクは高まるばかり、宣言規制とワクチン効果の今日の感染状況をさらに減少させるためには、国民一人ひとりにそれなりの防疫対策が求められようか。英国のようにならないために。政治は選挙もあり、国民にはしゃがせようが、イギリスを見る限り、まだのど元は過ぎていない。


スクロール→

英国の新コロナ感染状況 週推移

WithCorona政策は719日より発効

 

感染数

感染死亡数

ワクチン

2021

2回完了

6/1319

63,738

9,105

74

11

42.3%

6/2026

97,091

13,870

119

17

47.6%

6/277/3

161,494

23,071

118

17

49.3%

7/410

210,040

30,006

192

27

51.0%

7/1117

296,228

42,318

284

41

52.7%

7/1824

282,792

40,399

447

64

54.5%

7/2531

189,977

27,140

488

70

56.2%

8/17

185,730

26,533

627

90

59.5%

8/814

225,264

32,181

672

96

59.5%

8/1521

193,481

27,640

638

91

61.1%

8/2228

270,521

38,646

846

121

62.5%

8/299/4

246,424

35,203

792

113

63.6%

9/511

247,876

35,411

971

139

64.5%

9/1218

203,494

29,071

1,003

143

65.2%

9/1925

234,461

33,494

965

138

65.6%

9/2610/2

235,724

33,675

785

112

65.9%

10/39

220,020

31,431

810

116

66.2%

10/1014

198,498

39,700

474

95

66.3%

累計

8,317,439

138,237

10/13

・感染数はワールドメーター、ワクチンはアワーワールドインデータ版

・感染者数・死亡者数の日は週の日平均数/1014日までは5日間

 


スクロール→

英・米・独のワクチン接種状況

1013日現在

英国

米国

独国

人口

67,900,000

336,000,000

83,800,000

 

 

 

 

1回以上接種者数

49,291,665

217,953,275

57,182,706

  人口比

72.2%

64.8%

68.1%

2回完了者数

45,269,240

188,281,747

54,580,176

  人口比

66.3%

55.9%

65.0%

まだ未接種数

18,608,335

118,046,725

26,617,294

27.4%

35.1%

62.4%

未完了者数

22,630,760

147,718,253

29,219,824

33.3%

44.0%

34.9%

by Our World in Data

 

↓ワクチンの有効性の期間減衰

イギリスでは、4月までに接種完了者の20%が接種を終えている。10月から1月にはブースターショットが必要になってくる。


スクロール→

デルタ株に対する各ワクチンの有効率と期間減衰

英オックスフォード大+米メイヨー・クリニック各発表分合算 

 

接種完了

2ヶ月後

3ヶ月後

半年後

ファイザー

90%

85%

78%

42%

AZ

67%

65%

61%

50%

モデルナ

 

91%

 

76%

各社等の見解 

ファイザー

88%

半年後のブースターショット推奨

モデルナ

90%

ブースターショット申請

AZ

67%

 

1016_02.jpg

[ 2021年10月16日 ]

スポンサーリンク
 

 

 


HTML Comment Box is loading comments...



※記事の削除等は問合せにて。

スポンサーリンク
 

関連記事

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  

 

 



PICK UP


破産・小口倒産一覧