アイコン 原油価格再び70ドル台 オミクロンの軽症報道を受け


原油価格の高騰に対して、米国など備蓄原油の協調備蓄在庫市場放出、オミクロン株の出現・世界拡散、現行の原油生産を維持するとのOPEC発報道で、一時62ドル台まで下げた原油価格は、オミクロン株は重症化しないとの報道が相次ぎ、再び上昇、71ドル台まで高騰している。

米国のシェールオイル軍団は、原油価格暴落で大幅に落とした原油掘削リグの稼動を、バイデン大統領が将来に向け化石燃料の廃止を謳っており、この間、価格は回復、それ以上の価格となったものの、掘削リグの稼動の回復は遅滞(19年12月比68%)、生産量の回復とはなっていない(20年2月678本⇒21年11月467本)。

シェールオイル会社は、高価格で得ている利益を掘削リグ稼動への投資にはまわさず、株主に還元する始末。

トランプ並みのおばかさんのバイデン、やり方はトランプそっくりさん、それでいて短気で交渉力がないだけトランプがマシなのかもしれない。

シェールオイル生産の回復が遅れていることから、原油価格が高止まりしているともいえる。税金控除とか政治的にいくらでも増産させることはできようが、米国の備蓄原油放出など茶番のようだ。原油関係会社の経営者たちは共和党支持者が特に多い。

スポンサーリンク

原油価格の最近の動き

WTI原油先物価格/ドル

819

63.32

1026

84.65

113

78.81

119

84.15

1125

78.03

1126

68.15

122

63.58

127

72.95

128

71.85

 

↓ベーカーヒューズ社版の米原油掘削リグ稼動数とWTI先物原油価格の推移
1209_01.jpg

 

[ 2021年12月 9日 ]

スポンサーリンク
 

 

 


HTML Comment Box is loading comments...



※記事の削除等は問合せにて。

スポンサーリンク
 

 

関連記事

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  

 

 



PICK UP


破産・小口倒産一覧