アイコン 仮想通過の米信用格付会社 韓国から大規模サイバー攻撃受ける

米国の信用格付会社が、仮想通貨に対する格付けを発表すると、韓国の投資家が自分たちの投資する仮想通貨の格付けが低いと集団で反発する事態が起きた。

米信用格付会社ワイス・レーティングスは24日、「仮想通貨の格付け情報を事前入手しようという韓国の大規模なサイバー攻撃を阻止した」と発表した。

ワイスは同日、全世界で取引される仮想通貨74種類の収益性、安全栓、セキュリティーなどを評価し、5段階(AーE)の格付けを発表した。

格付会社による仮想通貨の格付けは初めて。
ワイスは1971年の設立で、主に金融機関の格付けを行う中小格付会社。
発表によると、「A」格付けの仮想通貨はなかった。
時価総額1位(コインマーケットキャップ調べ)の仮想通貨であるビットコインの格付けは、中間水準の「Cプラス」にとどまった。

スポンサード リンク

時価総額2位のイーサリアムと9位のイオスが「B」の格付けを受けた。
ワイスは、「ビットコインは取引に時間を要し、費用が高い」と格付け理由を説明した。一方、イーサリウムについては、取引に遅延減少が起きても、容易にアップグレードできる技術を提供しているとして、ビットコインを上回る格付けを付与した。

 ワイスは格付け発表に際し、韓国の投資家からかなりのサイバー攻撃があったとし、「従業員は、徹夜でサーバーの容量を拡大して対処した」と説明した。

創業者のマーティン・ワイス氏は「昨夜アジアからだけで10万人をい超えるアクセスがあった。韓国の投資家は自分が保有する仮想通貨にマイナスの格付けが発表されることを恐れた」と主張した。
そして、ソーシャルメディアで韓国人が「ワイスのウェブサイトをダウンさせよう」と呼び掛けたことを証拠として挙げた。
 ワイスは、「ビットコインとリップル(3位)の格付けがなぜ低いのか」との投資家の抗議が相次いだのに対し、「ビットコインは強力な市場支配力というブランド、セキュリティーでAの格付けを受けるに値するが、管理方式、エネルギー消費、拡張性に弱点がある」と指摘。
リップルについては、「繰り返される衝突と製作者の行き過ぎた統制で点数が低かった」とした。
以上、

韓国は中高生から30代までの若い人たち300万人が仮想通貨に投資し、そのうちには失業者や就職断念組も多く、一攫千金を夢見ているという。
最近の韓国人の仮想通貨購入は、エイダ、デントなど雑コインが多く、ステータスネットワークトークンという雑コインは95%が韓国人とされ、高騰させてババ引かせ合戦を自国民同士で行っているという。
韓国では、国際相場より30%も高い「キムチプレミアム」まで生み出したビットコイン投機狂風は韓国社会の病理を反映していると報道されていた。
こうしたことから文政権が、取引所閉鎖を含む規制に乗り出そうとしたところ、ロウソク民心教信者たち14万人が、天下の宝刀「ロウソク民心」を使い、閉鎖するなと署名活動を展開、びっくりした大統領府は大幅にトーンダウンさせ、架空名義での取引を禁止することで収拾を図った。仮想通貨騒ぎは文在寅の支持率の低下のきっかけになっている。
 
以前から、アクセスの爆弾攻撃は韓国ヒマ人の常套手段として反日活動でも使用されている。集団憤怒症候群の人たち。

 

スポンサード リンク
[ 2018年1月26日 ]

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ