アイコン エアビーアンドビー 違法民泊で儲けています

 

 

エアビーアンドビーは、現在国内の約6万2000件の民泊物件の情報をサイトに掲載している。

ただ、必要な許可をとった物件なのか無許可のいわゆる「違法民泊」の物件なのかは確認せずに情報を載せている。

しかし、今年6月15日に施行される新たな法律により、民泊の部屋を貸し出す人は、自治体への届け出が必要になり、エアビーアンドビーのような仲介サイトの運営会社は、無許可の物件を紹介することが禁止される。

大阪市内の民泊で起きた日本人女性の遺体が遺棄された事件では、逮捕されたアメリカ人の容疑者が、1月末に来日してから許認可を受けていない違法民泊などを転々としながら遺体を遺棄していたと見られている。

福岡市ではエアビーアンドビーに紹介された違法民泊に宿泊した外国人女性のところに、業者が上がりこみ、強姦未遂事件を生じさせていた。

スポンサード リンク

また、同じくエアビーアンドビーが紹介した別の違法民泊施設では、ベッドが見える場所に隠しカメラが設置されていた事件も生じていた。

アメリカでは、こうしたエアビーアンドビーの商法は糾弾されたが、日本では米国様のエアビーアンドビーとして崇め、マスメディア・国とも何も糾弾しない異常な観光行政となっている。狂っている。

 

スポンサード リンク
[ 2018年3月15日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ