アイコン ユニクロのファーストリテイルリング/第2四半期 海外大幅に伸ばす

 

 

SPA世界第3位の同社の今期は、初の2兆円超を達成する予想。今年の2月は防寒衣料が在庫不足するほど売れ、営業利益率も中間期ながら1.6%も改善させている。

中間期では海外ユニクロが国内ユニクロより売上高がはじめて多くなっている。

同社も季節変動変数が読めないだろう。製造の発注から店頭展示までの時間短縮が今後課題となろう。

スポンサード リンク

 

ファーストリティリング 中間期(9~2月)の事業状況
事業別
売上高
営業利益
/億円
前年比
/億円
前年比
同率
国内ユニクロ
4,936
8.5%
887
29.0%
18.0%
海外ユニクロ
5,074
29.2%
807
65.6%
15.9%
ジーユー
1,058
8.3%
91
23.3%
8.6%
グローバルブランド
784
11.4%
-56
 
 
調整
15
 
-25
 
 
合計
11,867
16.6%
1,704
30.5%
14.4%

 

ユニクロのファーストリテイルリング 
連結/百万円
売上高 
営業利益
←率
税前利益
当期利益
17/8期Q2
1,017,508
130,657
12.8%
147,610
103,414
18/8期Q2
1,186,765
170,492
14.4%
165,196
113,646
18Q2/17Q2比
16.6%
30.5%
 
11.9%
9.9%
18/8期予想
2,110,000
225,000
10.7%
217,000
130,000
18期予/17実比
13.3%
27.5%
 
12.2%
9.0%
17/8期実績
1,861,917
176,414
9.5%
193,398
119,280
16/8期実績
1,786,473
127,292
7.1%
90,237
48,052
15/8期実績
1,681,781
164,463
9.8%
180,676
110,027

スポンサード リンク
[ 2018年4月14日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ