アイコン 売り上げ低迷で600億円余損失計上 コカ・コーラ ボトラーズジャパンホールディングス

 

 

コカ・コーラ ボトラーズジャパンホールディングスは、売り上げの低迷などで事業の見通しが悪化したとして、600億円余りの損失を計上、ことし12月期の決算で、最終的な損益が567億円の赤字に転落する見通し。

7日に発表した、ことし1月から6月までの中間決算によれば、大型ペットボトル飲料の値上げなどで清涼飲料の販売が落ち込んでおり、売り上げが4337億円と、前の年の同じ時期に比べて3.2%減少。

また、売り上げの低迷などで事業の見通しが悪化し、経営統合時に見込んだ成果が得られないとして、618億円の損失を計上した。

スポンサード リンク

コカ・コーラ ボトラーズジャパンホールディングスは、ことし12月までの1年間の業績について、これまでグループ全体の最終的な利益が52億円の黒字になると見込んでいた。

コカ・コーラ ボトラーズジャパンホールディングスは、コカ・コーライーストジャパンとコカ・コーラウエストの2社がおととし4月に経営統合したもの。

コーラ

参照:https://www3.nhk.or.jp/news/html/

 
[ 2019年8月 8日 ]

 

 

 

関連記事

 

 



PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ