アイコン 内装ドアのニホンフラッシュ 3月決算 中国の住宅政策が追い風に

 

 

同社はマンション毎の別注内装ドアなどを展開している。同社は、日本での成長がまったく期待できない住宅産業の一角にあり、中国へ参入し、今では中国事業での売上高が日本事業より大きくなり、今後とも大きく飛躍する動きとなっている。

<中国の住宅政策の変更が同社にとって神風に>
中国の住宅政策の変更が同社の中国事業を急成長させている。
中国の分譲マンションは箱売りで、内装は購入者が各自で行うようになっており、建築にかかわる総コストが大幅に上昇するとともに環境へも悪影響をもたらしている。また、投機対象での購入が増加する一因にもなっている。

そのため中国では国策により、これまでのマンションの内装別の販売を規制し、内装込み販売を促進させている。
同社はこうした中国の住宅政策に対応させるべく、進出させている中国合弁会社に、これまでのユニット式内装ドアやクローゼットに加え、キッチン・洗面・収納BOXなどの製造も行い、急成長の足がかりを作っている。

スポンサード リンク

煙台に吉屋集成科技有限公司(室内ドア、クローゼット)と吉屋家居(キッチン、洗面、収納BOX)を擁し、中国主要25都市に営業拠点を構え、地元デベロッパーへの提案営業により、受注を拡大させている。
同社が得意とするマンション毎、部屋毎の規格サイズ別・規格企画デザイン別に現場納品できるシステムを構築していることにあり、中国で大きく活躍できる要素を有していることにあろうか。

 

連結/百万円
売上高
前年比
営業利益
前年比
国内
9,023
0.3%
1,170
0.8%
中国
11,885
31.6%
1,993
25.1%
調整
-269
 
 
 
合計
20,639
15.8%
3,163
14.9%

 

連結/百万円
売上高
営業利益
←率
税前利益
株主利益
15/3
16,674
3,093
18.5%
2,826
1,985
16/3
17,953
3,023
16.8%
2,777
2,048
17/3
17,820
2,754
15.5%
2,651
1,912
18/3
20,639
3,163
15.3%
3,112
2,345
18期/17期比
15.8%
14.9%
 
17.4%
22.6%
19/3期予想
25,000
3,750
15.0%
3,580
2,620
19予想/18実績
21.1%
18.6%
 
15.0%
11.7%

 

スポンサード リンク
[ 2018年5月 2日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ