アイコン 物流業界に革命か 時速1000キロのハイパーループ搬送 ドバイで開発開始

 

 

UAE(アラブ首長国連邦)のドバイで、磁気浮上技術を使って貨物を超高速で地上輸送できる「PCワールド・カーゴスピード」の構想が発表された。
実現すれば、運輸業界に革新を起こす存在になるかもしれない。

カーゴスピードの構想は、米新興企業バージン・ハイパーループ・ワンと、UAEの運輸会社DPワールドが発表した。
真空管の中の密封カプセルを、磁気浮上技術を使って輸送する仕組みで、「航空便のスピードと、トラックに近いコストで貨物を輸送できる」としている。
まだ実験段階にあり、具体的な料金は発表していない。

こうしたシステムは、起業家イーロン・マスク氏(テスラモーターズ代表)の着想をもとに多数の企業が開発を進めており、バージン・ハイパーループ・ワンの実験ではこれまでに時速387キロを達成している。同社はいずれ、最高時速1000キロでの輸送が可能になると予想している。

スポンサード リンク

同社のロブ・ロイド最高経営責任者(CEO)によると、カーゴスピードを使えば、現在トラックで4日間かかっている輸送時間を16時間に短縮できる見通し。
コストはトラックより50%高くなるものの、航空便に比べると5分の1以下に抑えられると推定している。
このシステムは、貨物輸送にも旅客用にも利用できる。ハイパーループ・ワンは、UAEとインド、サウジアラビアでプロジェクトの交渉に当たっており、いずれも初の実用化に向けて意欲を見せているという。
実現すれば、車で1時間半を要するドバイ中心部とアブダビを結ぶルートは、12分に短縮される。

2017年にハイパーループ・ワンの会長に就任したリチャード・ブランソン氏は、電子商取引が原動力となって消費者や企業の行動に劇的な変化を引き起こし、運輸業界もその変化に順応しつつあると指摘している。
以上、ロイター参照

昔ホテルや旅館にあったカプセル型搬送装置、請求書入りカプセルが室内に搬送され、客はカプセルにお金を入れ、送り返す、つり銭が再び送り返されてくる真空カプセル搬送装置、その筒の搬送装置に、リニアの技術を取り入れ、物体を浮上させながら、超高速搬送するというもの。
筒ではなくリニア新幹線でもすでに500キロ超を達成しており、真空技術とリニア技術を組み合わせれば、とことん高速化することができると見られる。
将来はハイパールーフ内を、人が超高速で移動する時代がやって来るという。その魁になる物体移動装置。
時速1000キロはジェット旅客機の巡航速度より速い。
 

スポンサード リンク
[ 2018年5月 8日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ