アイコン 資生堂 第一四半期から上っ離れの好業績 中国が爆発的回復へ

 

 

カネボウとともに早くから中国に進出し、中国女性に化粧のすばらしさを教えた資生堂、しかし、尖閣問題で不買運動にさらされ、欧米化粧品大手メーカーの台頭やネガテイブキャンペーンで失墜、国内まで失墜しそうな雲行きに、数々の構造改革をやり遂げてきた。
そうしたなか、インバウンドが相乗効果を果たしている。中国での知名度は中年女性たちに多くあり、訪日客が帰国して、資生堂製品の良さを見直し、若い女性たちも追随しているようだ。

韓国の化粧品大手に急成長したアモーレバシフィック、韓流ドラマが中国で持て囃され、韓流ドラマ女性俳優を多用したCMを中国で流し続け、同社の化粧品が飛ぶように売れていた。しかし、昨年3月のTHAAD配備問題で、貿易制裁と韓流ドラマ放映禁止、韓国製品不買にさらされ暴落した。

スポンサード リンク

同社は、中国市場で資生堂と入れ替わり台頭してきたものの、今は逆の立場になっている。
同社は第一四半期について、国内化粧品市場も回復基調が継続したことに加え、増加傾向が続く訪日外国人によるインバウンド需要もあり、堅調に推移した。

海外化粧品市場は、国によりばらつきがみられる欧州は弱い成長にとどまり、米州は成長が鈍化しているものの、中国やその他アジアでは堅調な成長が継続したとしている。

<資生堂第一四半期業績内容>
連結/億円
売上高
前期比
営業利益
前期比
営業利益率
日本事業
118,661
17.0%
31,828
59.0%
26.8%
中国事業
45,640
28.7%
14,805
124.8%
32.4%
アジアP
17,058
16.1%
3,230
-1.0%
18.9%
米州
28,167
-4.8%
-4,588
(▲4080)
 
欧州
25,057
11.7%
-1,290
(▲3426)
 
トラベルリテール
21,407
41.9%
5,444
13.7%
25.4%
プロ用
4,835
-55.0%
96
-78.2%
2.0%
その他
2,932
-4.0%
-945
(▲2244)
 
調整
 
 
-1,437
 
 
総合計
263,757
13.5%
47,143
95.3%
17.9%

 

資生堂
連結/百万円
売上高 
営業利益
←営利
税前利益
帰属利益
17/12期Q1
232,457
24,133
10.4%
23,885
13,999
18/12期Q1
263,760
47,144
17.9%
47,221
28,870
18Q1/17Q1
13.5%
95.4%
 
97.7%
106.2%
18/12期予想
1,033,000
90,000
8.7%
90,000
54,000
18予/17比
2.8%
11.9%
 
12.0%
137.4%
17/12期
1,005,062
80,437
8.0%
80,327
22,749
16/12期
850,306
36,780
4.3%
37,174
32,101
15/12期
763,058
37,680
4.9%
37,588
23,210

 

スポンサード リンク
[ 2018年5月14日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ