アイコン アップル/ブラウザ「サファリ」の閲覧履歴追跡防止の機能強化

 

 

6月4日、米アップルはにサンノゼ市で開いた世界開発者会議(WWDC)で、ウェブブラウザー「サファリ」の閲覧履歴の追跡を防ぐ機能を強化すると発表。

アップルはもともと同様の機能は搭載されていたが、「今年(の更新で)は完全にブロックする」と強調。

欧州の「一般データ保護規則(GDPR)」の施行などで個人情報の取り扱いへの関心が高まるなか、プライバシーを重視する姿勢を打ち出すという。

以上報道より参照

ウェブサイト上に出てくるフェイスブックの「いいね!」や「シェア」のアイコンなどを表示不可にもするといわれ、いいねをしたい場合は今後ほかのブラウザでとなる可能性も。

他にもターゲッティング広告も不可になるようで、グーグルなども対応を変えざるえないだろう。

 

スポンサード リンク

【シリコンバレー=佐藤浩実】米アップルは4日にサンノゼ市で開いた世界開発者会議(WWDC)で、ウェブブラウザー「サファリ」の閲覧履歴の追跡を防ぐ機能を強化すると発表した。アップルは従来も同様の機能を盛り込んでいたが、クレイグ・フェデリギ上級副社長は「今年(の更新で)は完全にブロックする」と強調した。欧州の「一般データ保護規則(GDPR)」の施行などで個人情報の取り扱いへの関心が高まるなか、プライバシーを重視する姿勢を打ち出す。

2018/6/5 7:51
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO31368880V00C18A6000000/
 

スポンサード リンク
[ 2018年6月 5日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ