アイコン 6月の貿易収支7,214億円の黒字、うち対米は5,903億円の黒字 上半期も

 

 

財務省の発表によると、6月の輸出から輸入を差し引いた貿易収支は7,214億円の黒字で、2ヶ月ぶりの黒字となった。
輸出は、前年同月比6.7%増の7兆524億円で、19ヶ月連続増加、
輸入は、2.5%増の6兆3,310億円で3ヶ月連続の増加。

<対米貿易収支>
対米貿易収支は、0.5%増の5,903億円で2ヶ月ぶり増加、
米国への輸出は、鉱物性燃料131.0%増、重機15.4%増、自動車は▲12.0%減、半導体製造装置は▲40.2%減などの結果1兆2,920億円で17ヶ月ぶり減少。

米国からの輸入は、LNGが94.1%増、石油製品が112.6%増、原油は▲77.9%減、航空機類は▲12.6%減などにより、7,017億円で16ヶ月ぶり減少となった。

スポンサード リンク

<対中貿易収支>
中国との貿易収支は、前年同月比▲68.4%減の▲676億円の赤字だった。赤字は3ヶ月連続。
中国への輸出は11.1%増の1兆3,859億円で4ヶ月連続増加。半導体製造装置79.2%増、半導体等電子部品27.4%増だった。

中国からの輸入は、▲0.6%減の1兆4,536億円で3ヶ月ぶり減少、パソコン機器類▲24.9%減、通信機▲11.2%減などだった。(通信機はiPhoneも中国から輸入されている)

<上半期の貿易収支>
なお、2018年上半期(1~6月)の貿易収支は、前年同期比▲39.9%減の6067億円の黒字(前年同期は1兆100億円)だった。対米貿易収支は3兆1484億円の黒字だった。
原油・LNG高で輸入額が増加し、貿易黒字幅は減少している。
ただ、米国から原油・LNGを購入するにしても、チリ南端のマゼラン海峡を経由することから割高になり、政府備蓄用を放出して、放出した分の穴埋めに米国から購入するか、企業に半強制的に購入させるしかない。
米主導の日米通商交渉で問題になること必至。
 

スポンサード リンク
[ 2018年7月19日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ