アイコン レオパレス21 建築欠陥問題で家主から訴えられる

 

 

レオパレス21が建てた物件に重大な欠陥があったとして、岐阜市の男性オーナーが約2000万円の損害賠償を求める訴訟を岐阜地裁に起こした。

訴状によると、男性は1995年、同社と契約してワンルーム10室が入った2階建てアパートを岐阜市内に建築した。今年5月、1級建築士の調査で、建築基準法で設置が義務付けられている延焼防止用の間仕切りが、屋根裏にないことが分かった。1、2階の間の間仕切りも未完成であることが判明した。
以上、

当案件は、建築基準法違反、強度不足も懸念され、レオパレスが改修工事を進めている。レオパレスは4月、該当の2モデルの約15,000棟を調査したところ、約200棟に不備があったとしていた。
その後、レオパレスは調査を拡大、2019年6月までに総数37,853棟の調査完了を目指すとしている。国交省に対してはすでに報告し、国交省から同社に指示も出されている。

今回の訴訟が該当モデルなのかは不明であるが、該当モデルではなかった場合、さらに大きな問題となる。
既存記事
http://n-seikei.jp/2018/05/post-51904.html
 

スポンサード リンク
連結/百万円
17/3期
18/3期
19/3期予
売上高
520,488
530,840
553,000
営業利益
22,898
22,930
24,500
経常利益
22,355
22,354
24,000
当期利益
20,401
14,819
11,500
総資産
337,828
337,257
 
自己資本
158,714
159,045
 
資本金
75,282
75,282
 
有利子負債
34,531
35,642
 
自己資本率
47.0%
47.2%
 
今期予想からして、問題の施工不良の費用は特損で処理するようだ。

スポンサード リンク
[ 2018年8月23日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ