アイコン JR九州 博多-釜山間に「クイーンビートル」投入へ 20年7月就航予定 トリマラン

 

 

JR九州の子会社JR九州高速船は27日、博多港と韓国・釜山を結ぶ高速船の運航に、新たに導入する「クイーンビートル」号を投入すると発表した。
現在運航する「ビートル」3隻のうち1隻と交代する形で2020年7月に就航する。
赤く彩られた船体は、今のビートルと比べて大きく、座席も約2.6倍の502席。

航行中にシートベルト着用の必要がなく、船内に授乳室やキッズスペースを備える。博多と釜山を3時間40分で結ぶ予定。船が大型化したため、現在より30分程度長くかかる。

デザインは、ビートルや「ななつ星in九州」などを手掛ける水戸岡鋭治氏が担当。水戸岡氏は、「移動手段ではなく、船に乗ること自体を楽しめる、次の時代の船旅を提供したい」としている。

スポンサード リンク

ビートルなどジェットフォイルは海面から浮いた状態で航行するため、クジラとの衝突事故などに備えてシートベルト着用が義務付けられている。
これに対しクイーンビートルは、三つの船体からなるトリマラン(三胴船)。揺れにくく安定性も高いため、シートベルトは不要で、船内を自由に動くことができる。また、夜間航行も可能。

運航スケジュールや運賃は2019年夏に発表する予定。普通運賃は今のビートルで大人片道1万4千円。新型高速船では割引運賃を含めた現在の平均単価より1千円程度高くしたい考え。団体客は19年夏から、個人客は20年1月から予約を受け付ける。

以上、報道参照
ビートルはジェットフォイルのため天候しだいで欠航も多いが、クイーンビートルは大型化しており、欠航は少なくなると見られる。
韓国から大勢の若い観光客が博多を訪れており、まったく新しいデザインの同船は人気を博するものと見られる。中国あたりがまた真似をしそうだ。

0828_06.jpg

スポンサード リンク
[ 2018年8月28日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ