アイコン 韓国は4万トン級空母をなぜ造ろうとしているのか  日本を追い越せの一心

 

 

新浪軍事は、韓国が日本を追い抜くべく4万トン級の空母の建造を目指していると報じた。
記事は、韓国海軍が先日「大型輸送艦を未来の航空機(F35B)搭載用に改造、改造する研究」との課題要求を発表したとし、この要求に基づき排水量3万トンから4万トンの空母建造の準備に取り掛かるとする韓国メディアの報道を紹介した。

そのうえで「空母の発展は、韓国にとって長い夢である。1990年代にはロシアの空母を購入する計画だったが、技術や資金の制約から一向に手に入れることができないでいた。
その後1万トン級の『独島』号を就航させるにとどまっており、現時点で韓国海軍が全面的に日中両国より後れを取っていることは争い難い事実だ」としている。

スポンサード リンク

そして「この計画を見ると、日本を超えようという狙いがあるのは明らかだ。4万トンとなれば、中型の空母に匹敵。フランス空母シャルル・ド・ゴールの満載排水量は4万2000トン、世界最大かつ最強のアメリカ級強襲揚陸艦「ワスプ」級の排水量も4万5000トン。もし、韓国が本当に4万トン級の空母を建造すれば、F35Bを20機搭載するだけにとどまらず、ヘリコプター数機を載せることもできるだろう」と解説している。

また、日本は、改造してもF35Bを10機程度しか搭載できない「いずも型護艦」(準空母)しか持たない日本の海上自衛隊艦隊にとって、大きな脅威になると指摘している。

海上自衛隊は、高性能のイージス艦を持つものの、全国に散らばり強力な航空自衛隊は支柱が無く、海上の制空権掌握が難しくなるため、自衛隊の艦隊は不利な局面に陥るとしている。

その一方で「韓国は造船大国と言えど、その強みは民間用船舶にあり、強襲揚陸艦や空母の建造は容易ではない。それに、艦上の電子設備を米国から輸入しなければならない。このため、韓国の空母開発の道は順風満帆でない可能性が高く、決意、技術、資金がどれか1つでも足りなければ実現しないのだ」と論じている。
以上、中国関連紙参照

韓国がなぜ、空母を造る必要があるのか、造船大国として軍艦も世界に売り込みたいためか、それとも南の国を威嚇するためか、現実、南の国を仮想敵国にして大規模な海上軍事訓練を海軍・海兵隊・空軍を動員して行っていることも事実だ。

以前、日本の海上自衛隊は、韓国が申し入れした海上合同訓練を拒否した経緯がある。それは軍艦「独島」を核とする艦隊との訓練だったからだ。当然のことだろう。

以前、韓国は旭日旗を戦犯旗だとし、日米豪韓の合同海上訓練で、韓国が当番のおり、米・豪艦隊が釜山港(韓国海軍の大基地あり)へ入港する中、自衛艦は釜山港入港を韓国政府から拒否され、入港できなかった。自衛艦は当然、合同訓練から離脱し、日本へ帰艦するものと思われたが、オメオメと釜山港外で待機し、その後の海上合同訓練に参加していた。恥さらし。

韓国は昨年5月、(親中従北の)文政権になり、昨年10月末に中国様に3不表明を行い、その一つに「日米韓軍事同盟には発展しない」と表明した。これは、米韓は軍事同盟関係にあり、日本を名ざしして拒否したもの。
(北朝鮮の核実験は昨年9月3日、ICBMの最後で最大の発射実験は11月29日、北との緊張関係が最高潮に達していた時期だ)

その結果、韓国政府は、昨年11月11日から4日間予定された、日本海における米空母3隻による日米韓合同訓練(米国が要請したもの)を拒否し、米韓だけで空母3隻との訓練を行った(その後、日米で空母3隻との訓練を行っている)。

そうした結果、中国様は昨年11月、韓国の3不表明と日本との合同訓練拒否を大喜びして笑い転げ、韓国のTHAAD配備に対する観光制裁の一部、山東省と北京市からのツアー客を解禁させた。

なお、旭日旗を戦犯旗だと国民を洗脳したのは、李明博の竹島上陸後であり、韓国全マスコミが煽り立て韓国民を洗脳しさらに煽り立てた。
中央日報に至っては、今でも旭日旗のデザインをアホのように追及し続ける外基地教授の一挙手一投足を報道し続け、さらに外基地教授は頭に乗り、全世界にある旭日旗に似たデザインを叩き続けている。それはマケドニア国の国旗にも及んでいる。この2者は連動して、反日を韓国民に煽り続け、世界に向け発信し続け、日本攻撃をし続けている。なお、外基地教授が世界中で叩かない旭日旗に似たデザインは、朝日新聞の社旗と統一教会のシンポルマークだけだ。
外基地ほど手に負えないものはない。相手にしなければ頭に乗るし。
以上、

スポンサード リンク
[ 2018年9月 3日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ