アイコン 北朝鮮 寧辺核開発施設解体と一部核兵器の廃棄打診か 米韓へ

 

 

北朝鮮が最近米国に対して、新たな非核化措置として、寧辺核施設の解体と一部の核兵器の廃棄を、韓国を通じて打診したことを米朝関係筋が明らかにしたと朝日新聞が19日報道している。
金正恩朝鮮労働党委員長は19日、南北首脳会談でも同様の提案を文在寅韓国大統領に行い、米国との仲介を求めた模様。

この米朝関係筋によると、北朝鮮は、今月5日に訪朝した韓国特使団に対し、米国が豊渓里核実験場爆破などの措置を評価していないことに不満を示した。信頼関係がなければ次の段階には進めないとして、新しい提案を行ったようだ。
ただ、解体するとした寧辺の核施設が、原子炉など兵器用プルトニウム生産施設を指すのか、ウラン濃縮施設も含むのかなどは、北朝鮮は明確にしていないという。
廃棄する核兵器についても数量を明らかにしておらず、廃棄が米国の求める海外搬出を意味するのかも明示していないよう。
以上、

スポンサード リンク

なぜ、金正恩委員長は次の段階に進めないのか。
(度重なる豊渓里核実験場は次に核実験した場合、山塊崩壊で放射能漏れが生じ、次期使用不能の実験場。ミサイル発射実験場などすぐ再構築できるもの。ただ、今回の寧辺核施設の解体は評価に値するが内容次第だろう。それもこれも詳細内容付全核施設リストを提出すれば済むもの)

全核施設の一覧とその内容のリスト提出

IAEAとリストの施設の核廃棄スケジュール作成

スケジュールに基づき順次核や施設の廃棄

検証可能な完全な核廃棄


 

スポンサード リンク
[ 2018年9月19日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ