アイコン ペジーコンピューティング 罰金6千万円の判決

 

 

東京地裁(前田巌裁判長)は20日、法人税など約2億7600万円を脱税したとして、法人税法違反などに問われたスーパーコンピューター開発会社で政府に濃い人脈を持つ「ペジーコンピューティング」(東京)に対し、罰金6000万円(求刑・罰金8400万円)の判決を言い渡した。
判決によると、同社は架空外注費を計上するなどの手口で、2014年12月までの5年間に計約8億4800万円の所得を隠し、法人税などを脱税した。

スポンサード リンク

罰金の支払いは、補助金をいっぱい貰っていることから、少し国に返納するだけのことだろう。

補助金まみれのペジーコンピューティング
http://n-seikei.jp/2018/01/post-49257.html
 

スポンサード リンク
[ 2018年9月20日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ