アイコン 北朝鮮特需 鉄道・道路だけで4.4兆円と韓国試算 息切れが早いか・特需が早いか

 

 

ぶら下がる北朝鮮特需を前に、経済・雇用悪化にデータを捏造でもしない限り事を急がねばならぬ文政権。
中間選挙を控え、世界を好きなように操るトランプ米大統領は目下、FALL IN LOVE WITH KIM状態。当然、CUPIDはMOON氏ということになる。

文氏は、その間隙を最大限利用して、北朝鮮特需により難関を全面突破しなければならない宿命を帯びている。
当然、KIM殿は、MOON氏もTRUNP氏も、そうした現実を読みきっている。

金氏は文氏の平壌訪問のお礼にマッタケ2トンと豊山犬のつがいをプレゼントしたという。どちらも誰かが食べてしまうのだろうか。

韓国文政権が、板門店宣言履行のため、北朝鮮の鉄道・道路の現代化事業について、韓国鉄道施設公団の内部資料に基づき、少なくとも43兆ウォン(約4兆4千億円)かかることが分かったと韓国紙か報道している。
韓国政府は9月11日の閣議で、板門店宣言批准同意案を議決し、2019年には南北鉄道・道路の連結と現代化に必要な費用を2,951億ウォン(約300億円)と推算していた。

スポンサード リンク

韓国統一部(省)は、盧武鉉政権時代の2008年に国会に提出した「10・4宣言(2007年10月の南北首脳会談で採択された宣言)履行費用」の推計資料で、京義線鉄道・道路の補修費用を約8兆ウォン(約8194億円)と推算していた。

韓国鉄道施設公団の資料によると、政府は鉄道1キロメートル当たりの建設単価を355億ウォン(約36億円、土地収用費を除く)と推算していたことが確認された。

北朝鮮が工事人材を無償提供し、建設単価の10%に当たる人件費が節減されても、北朝鮮の京義線鉄道412キロメートル(開城~新義州)と東海線鉄道781キロメートル(高城~豆満江)を現代化するには、それぞれ13兆1,634億ウォン(約1兆35百億円)と24兆9,530億ウォン(約2兆55百億円)必要だという。

また、道路では、国土交通部の道路建設単価表に基づいて計算したところによると、北朝鮮の京義線161キロメートル(開城~平壌間)と東海線100キロメートル(高城~元山間)を現代化するために土地代・労務費を除き、それぞれ4兆347億ウォン(約4千億円)と1兆5,050億ウォン(約15百億円)かかると推定されている。

鉄道現代化に38兆1,164億ウォン(約3兆9千億円)、道路の現代化に5兆5,397億ウォン(約56百億円)など、合計43兆6561億ウォン(約4兆4千億円)かかるという。

これは、政府が提示した来年1年分の予算(2951億ウォン)の約150倍にあたる。
韓国より険しい北朝鮮の地形を考えると、橋・トンネルなどの建設により、さらに費用がかかる可能性があるため、一般的な鉄道ではなく高速鉄道を敷設することになれば、1キロメートル当たりの建設単価は、さらに100億ウォン(約10億円)以上の追加となるという。

また、連結されていない東海線の韓国側区間(江陵~猪津間)の工事費用は入っていない。

北朝鮮の鉄道・道路の現代化は、統一準備のための投資としながらも、費用を計算するための根拠があるのにもかかわらず、政府がこれを避けるのは、国会の財政審議権の毀損に当たるとみられるという。
以上、韓国紙参照
これは、板門店合意の履行分だけの試算額であり、その後予定されている北朝鮮との非武装地帯の各地に設けるとされる経済特区の工業団地開発、鉄道・道路・電力・ロシアからのパイプラインなど、開発資金はいくらあっても足りない状態。

そもそも体制不一致で統一などできる可能性はクーデターなど発生しない限りほとんどない。

文政権は、8月国連軍から断られたものの、9月下旬の訪米でトランプ大統領からお墨付きを頂き、10月中にも、京義鉄道路線の連結のための北側区間について南北共同で現地調査に入ることを決定している。

文氏があまりに米朝間でハシャギ過ぎないように中国は、文氏が昨年12月ひれ伏しても、予見していたのかのように、THAAD経済制裁をゆっくりしか緩めていない。風見鶏、執事、連絡要員。

韓国は、北朝鮮の開発資金は日本から賠償金として支出させたらよいと思っている。サムスン電子グループの証券会社は、賠償金は2兆円が試算されるなど勝手に発表している。
日本は1965年の日韓基本条約において、北朝鮮分の多くも当時の韓国政府にすでに支払っている。韓国は憲法で北朝鮮も韓国と規定している。
そもそも植民地に対して賠償金を支払った国など歴史上存在しない。日本は、北朝鮮に日本にミサイルを向けさせたまま、永遠と米国の言いなりになり続けるのだろうか、我が日本國よ・・・。

<4.27板門店宣言>2018年
http://n-seikei.jp/2018/04/post-51257.html

 

スポンサード リンク
[ 2018年10月 2日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ