アイコン 韓国公取委  コンデンサ談合で36億円制裁 日本ケミコン職員1名刑事告発

 

 

韓国公取委は16日、日本のコンデンサー製造・販売企業が、2000年から14年間にわたり製品価格の引き上げや維持のために談合していた事実が明らかになり、課徴金360億ウォン(約36億円)賦課と検察へ告発していた。

韓国公取委は、日本のコンデンサー製造・販売企業9社が、2000年7月から2014年1月まで韓国をはじめ多くの国に供給するアルミニウム・タンタルコンデンサーの供給価格を共同で引き上げまたは維持することで合意していた行為を摘発し、是正命令と共に課徴金360億ウォンを賦課したと発表した。

制裁を受けた日本企業は、アルミニウムコンデンサーではニチコン、サンヨー電気、エルナー、日立化成エレクトロニクス、ルビコン、日本ケミコンの6社。

タンタルコンデンサーは、ニチコン、サンヨー電気、エルナー、日立化成エレクトロニクス、トーキン、松尾電気、ビシェイポリテックの7社。

スポンサード リンク

韓国公取委は、ビシェイポリテック、松尾電気、エルナー、日本ケミコンの4法人と日本ケミコン所属の職員1人を検察に告発した。

これらの企業は、2000年7月からカルテル協議体「MK会」が解体された2014年1月まで、社長会を通じて海外での価格競争を回避するという基本的対応方案を議論した。さらに、各社の営業部長で構成された管理者級の会で生産量、販売量、値上げ計画、値上げ率など具体的な情報を交換し、実行戦略に合意して実行した。
また、同一需要先を持つ企業間で、現行価格、見積価格など個別の価格情報交換を通じて最低価格を定め、供給価格の下落を防いだ。

韓国公取委は「企業が談合に対する違法性を認識していながら、隠密な方法で連絡して注意を喚起させた」とし「社内役職員に談合会議の内容を報告するために会議録が含まれたメールを送る時は『読んだ後に削除すること』、『メールが外部に流出しないよう格別に気を遣うこと』などのメッセージを残した」と説明した。
日本企業のこうした談合により、法違反期間にサムスン・LGなど韓国企業に輸出されたコンデンサーの価格が上がったり、引き下げが阻止されるという弊害が発生した。
韓国公取委は「談合期間中、韓国に輸出された7,366億ウォン(約730億円)相当のコンデンサー供給価格に悪影響を及ぼした」と分析した。

 一方、韓国公取委は、今回の事件の調査を初期段階から米国、欧州、日本、台湾、シンガポールなど外国の競争当局との共助の下に進め、これらの国の一部は最近制裁を発表した。
以上、韓国紙参照

当価格カルテル談合問題は、日本で2014年発覚、2016年に課徴金制裁を受けた韓国版、いかにも韓国公取委が見出した案件として公表されているが、内容も追随したものだが、日本ケミコンの職員1名を刑事告発した点は注目に値する。
2015年米国で、2016年台湾で制裁されている。

 

スポンサード リンク
[ 2018年9月27日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ