アイコン 米国務省 韓国課長に日系女史 韓国大使も日系

 

 

米国務省は、韓国課長に日系のジョイ・ヤマモト女史を就任させた。この結果、在韓米大使(ハリス元太平洋軍司令官)と国務省韓国課長はいずれも日系人が務めることになった。

韓国課長は、これまで日本と韓国を担当する東アジア太平洋副次官補や対北朝鮮政策特別代表代行を兼任してきたランバート氏が務めていたが、9月北朝鮮担当副次官補代行となってからは空席だった。

ヤマモト氏は、タフツ大学フレッチャースクールとスタンフォード大学で修士学位を取得した。10年以上にわたり新聞記者として活動した後に外交官となり、東アジア太平洋局で、インドネシア、中国などの担当や同局の経済政策課長などを歴任してきた。
ヤマモト氏は、韓国課長となる直前まで、駐韓米国大使館で経済担当公使参事官として勤務していた。
米韓自由貿易協定(FTA)などの通商問題はもちろん、対北朝鮮制裁に関する知識も豊富だという。
以上、

スポンサード リンク

米国務省=外務省には外交下手の日本の隠れファンがいるようだ。
韓国では米国の大使さえ北朝鮮派の凶暴犯に顔を切り付けられ負傷する時代、ハリス大使も身のセキュリティには十分気をつけていただきたいものだ。

スポンサード リンク
[ 2018年10月 6日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ