アイコン 韓国、海上自衛艦・旭日旗問題一件落着か 新長官「国際慣例に従うほかない事案」と

 

 

韓国の鄭景斗国防部長官は1日、「韓国海軍国際観艦式」に参加する日本海上自衛隊艦の「旭日旗)」掲揚問題に対して「日本は参加することになっていて、国際慣例に従うほかない事案」と述べた。

鄭長官は国会で開かれた外交・統一・安保分野の対政府質問に出席してこのように明らかにした後、「済州島で観艦式が行われるため、済州の城山日出峰を象徴する揚陸艦『日出峰』を座乗艦(大統領が乗艦する査閲艦)に決めた」と説明した。

鄭長官は、また、軍事分野の南北合意事項に関連して「緩衝地帯を設定しても、奇襲攻撃などを阻止するにあたり支障はないか」という質問に「全く支障ないことを理解してほしい」とし、「偶発的な衝突を防止し、軍事的な危険に対する減少要因が大きな合意書を締結した」と述べた。

鄭長官は、米韓合同演習に対して「非核化交渉などが正常に稼動しない場合、米韓協議を通じて再開する」とし、「相当多くの(米韓合同)演習があり、そのうち一部を戦略的に(南北)信頼構築のために猶予し、今でも多くの演習が行われている」と説明した。

スポンサード リンク

漢江河口を共同利用水域に設定したことについては、「中央通路を互いに利用して自由な往来をするもの。相手側100メートルまで接近できなくなっているため危険要素はない」と回答した。
非武装地帯(DMZ)内の監視哨所(GP)撤収を決めたことについては、「北朝鮮はGPを基準として作戦を遂行し、韓国軍の完全警戒作戦は一般前哨(GOP)ですべて行う」とし「このため警戒作戦には影響がない」と説明した。
以上、

火種は残る。韓国国会は与野党が合体して「旭日旗禁止法案」を提出する動きをしており、今回は切り抜けても、次回からの取り扱いが、韓国側に試される。
日本はすでに、韓国軍が日本軍とは合同訓練しないということを中国政府と韓国政府が約束、昨年12月、米軍提案の日本海での米3空母による米日韓の合同演習を拒否し、米韓だけで実施していた。

<漢江河口共同利用水域設定>
南北平壌首脳会談には、辞めることが決定していた左巻きの海軍出身の宋長官が出席しており、空軍出身の鄭景斗新長官も、その尻ぬぐいに大変。
南北会談による取り決めは、すべて北朝鮮に対して性善説に基づき締結している。
性善説が揺らいだ場合、韓国側は百歩譲っており、ソウル首都圏に対しても大きな脅威となる。ただ、文政権は従北政権であり、北朝鮮との親和性は濃い。今後とも明らかになるすべての内容も含め7割以上の国民が支持しており、何があっても犠牲があっても国民は文氏を裏切らないだろう。
首を差し出す、それほど、首都ソウルに近い漢江河口共同利用水域設定は、核廃棄された後でも、多くの問題を発生させる危険性を孕んでいる。極端に国家制度が異なり続ける国どうしだ。

鄭景斗:
韓国空軍の将官。職種は飛行(戦闘機操縦士)。日本の航空自衛隊幹部学校への留学経験がある。第35代空軍参謀総長を経て、2017年8月より第40代合同参謀議長に就任し、韓国軍最高位の軍人となった。
2018年9月30日、問題発言の多い宋長官は更迭され、鄭景斗合同参謀本部長が新国防長官に指名され、その後、国会で承認され、正式に国防長官となった。59歳。

 

スポンサード リンク
[ 2018年10月 3日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ