アイコン 函館市 90代女性にインスリン誤投与 一時意識不明

 

 

ことし8月、函館市の「共愛会病院」で入院していた当時91歳の女性に糖尿病の治療で使うインスリンを別の患者と間違って投与し、女性が一時意識不明になる医療ミスがあったことがわかった。

函館市の共愛会病院によれば、ことし8月、足のむくみを理由に検査入院していた当時91歳の女性に、誤って糖尿病の治療で血糖値を下げるために使うインスリン、0.14ミリリットルを3日間で合わせて3回投与したが、その後に女性は低血糖の発作を起こし、一時、意識不明の状態になった。

以上報道より参照

女性は数十分後に意識が回復し、後遺症はないという。
すでに病院は、女性とは和解している。

スポンサード リンク


インスリン誤投与で一時意識不明
https://www3.nhk.or.jp/sapporo-news/20181026/0005148.html

10月26日 12時24分

函館市の「共愛会病院」でことし8月、入院していた当時91歳の女性に糖尿病の治療で使うインスリンを別の患者と間違って投与し、女性が一時意識不明になる医療ミスがあったことがわかりました。
 

スポンサード リンク
[ 2018年10月26日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ