アイコン 南太平洋でM7.6の大地震 バヌアツで70センチの津波観測

 

 

ハワイにある太平洋津波警報センターから気象庁に入った連絡によると、日本時間の5日午後1時18分ごろ、南太平洋のローヤリティー諸島南東付近を震源とするマグニチュード7.6の大きな地震があった。

気象庁がこの地震で日本への津波の影響があるかどうか調べた結果、日本の沿岸では多少の潮位の変化があるかもしれないが、被害の心配はないという。

スポンサード リンク

気象庁によると、この地震で、南太平洋のバヌアツやニューカレドニアの各地で最大で70センチ程度の津波を観測しているという。

ローヤリティー諸島は、フランス領ニューカレドニアを構成する3つ州の一つ。オーストラリアのはるか東方にある珊瑚礁の島々。

バヌアツは、中国の借金の漬物になっている島国。

 

スポンサード リンク
[ 2018年12月 5日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ