アイコン 帯広市 民泊施設から30キロ近い大麻 価格1億7400万円分

 

 

帯広市の民泊事業者の男が、自宅を兼ねた民泊の施設内に大麻を隠し持っていたとして北海道厚生局麻薬取締部に逮捕され、起訴された。

現場からは30キロ近い大麻が見つかり、麻薬取締部は詳しく調べている。

以上報道より参照

1226_06.jpg

 

なんと、大麻の密売価格でおよそ1億7400万円分に上るという。

大麻は男性自身が栽培、数年前から繰り返し栽培しており、自身も常習的に大麻を使用していた。

 

スポンサード リンク
 


民泊施設から30キロ近い大麻
https://www3.nhk.or.jp/sapporo-news/

12月26日 12時17分

帯広市の民泊事業者の男が、自宅を兼ねた民泊の施設内に大麻を隠し持っていたとして北海道厚生局麻薬取締部に逮捕され、起訴されました。
現場からは30キロ近い大麻が見つかり、麻薬取締部は詳しく調べています。

スポンサード リンク

[ 2018年12月26日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ