アイコン 玉城知事 政府と対決姿勢鮮明に 辺野古移設阻止の手段を検討

 

 

アメリカ軍普天間基地の名護市辺野古への移設に向け、政府は、ことし、埋め立て工事を本格化させる方針だが、
これに対し、沖縄県は、移設を阻止する手段を検討しており、有効な手立てを講じることができるかが焦点となっている。

玉城知事は、今月4日の年頭あいさつで「多くの県民が反対の意思を示しているにもかかわらず、国は違法な土砂の投入を続けている。国に強く是正を求め職員一丸となって取り組んでいく」と述べ、工事を中止させて移設阻止を実現したいとする決意を改めて示した。

以上報道より参照

辺野古移設問題は鳩山政権以降、長期化しているが、日本政府がアメリカ政府との約束を反故できるわけもなく、もはや不可能なことを延々と一地方自治体が続けている。

できることできないことは大人ならわかっているはずだろう。

 

 

スポンサード リンク
 

辺野古周辺マップ

 


県 辺野古移設阻止の手段検討
https://www3.nhk.or.jp/lnews/okinawa/

01月07日 05時59分

アメリカ軍普天間基地の名護市辺野古への移設に向け、政府は、ことし、埋め立て工事を本格化させる方針です。
これに対し、県は、移設を阻止する手段を検討していて、有効な手立てを講じることができるかが焦点となります。

スポンサード リンク

[ 2019年1月 7日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ