アイコン 夕張炭鉱博物館で坑道火災 溶接の火か?

 

 

18日夜11時45分ころ、北海道夕張市にある「石炭博物館」で、「坑道から煙が出ている」と施設の職員から消防に通報があった。火災は、現在も煙が勢いよくたち上っている。

坑道の中の本物の石炭が燃えているものと見られる。

石炭博物館は、昭和55年にオープン、昨年施設は5億円をかけて改修工事を行ったばかりであった。

以上、

スポンサード リンク

ノートルダム寺院の火災同様、溶接の火が原因になった可能性が高い。

石炭は行動に粉塵が積もっており、積もった粉塵が溶接の火で種火になった可能性がある。粉塵爆発が起きなければ良いが・・。

筑豊の炭鉱跡地でも昔から現在も燃え続けている地がある。その熱で生じた温泉場も当地にあったが、まだあるのだろうか不明。

溶接の火は本当にこわい。

 
[ 2019年4月19日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ